コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 新型コロナウイルス感染症 >新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う対応等について

トップページ > 緊急情報 > 災害新着情報 >新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う対応等について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に伴う対応等について

問い合わせ番号:15827-9508-9831 更新日:2022年8月4日

シェア

更新情報

目次

市長メッセージ

令和4年8月3日

 shicho

 秦野市長の高橋昌和です。

 国内での新型感染症の発生から2年半余りが経過し、基本的な感染症対策が新しい生活様式の一部として浸透してきました。

 こうした中、現在、オミクロン株の派生型「BA.5」等による感染者が全国的に急増しています。

 新聞等の報道にもあるように、「BA.5」は感染力が非常に強い反面、重症化率が高くないといわれているものの、秦野市においても、感染者の増加に伴い、市民の方から「医療機関に電話がつながらない、受診ができない」、「家族への感染が心配」といったお声がたくさん「感染症コールセンター」に寄せられています。

 更に、消防への119番通報も急増したことで、通常の救急搬送の体制にも影響が出ています。

 こうした状況から外来受診のひっ迫を軽減するため、神奈川県が今月2日「かながわBA.5対策強化宣言」を発出しました。この宣言は、基本的な感染症対策の徹底と併せて、感染が確認された場合、重症化リスクの低い方は、医療機関を受診することなく、自主的に療養する「自主療養届出制度」の活用をお願いするものです。

 このとき、「自主療養届出制度」を利用していただく重症化リスクの低い方に対しましては、感染の確認に必要な抗原検査キットの無料配布を受け付けていますので、県のホームページからお申し込みください。

 「感染の第7波」収束のために必要なのは、一人ひとりが基本的な感染症対策を徹底することに尽きます。連日の猛暑の中、熱中症対策にも万全を期していただきながら、ご自身の健康、また大切な人を守るために一人ひとりが改めて基本的な感染症対策の徹底をお願いします。

 令和4年8月3日 秦野市長 高橋 昌和

過去の市長メッセージについては「市長メッセージ」からご覧ください。

マスク着用の考え方及び就学前児童の取扱い

 国からマスクの着用の考え方が示されました。

 新型コロナウイルス感染症に対する基本的な感染対策は今までと変更ありません。

 引き続き、「不織布マスクの着用」、「手洗いや消毒」、「換気」などの感染対策をお願いします。

1. マスク着用の考え方

マスク着用の基本的な考え方
状況 身体的距離(注1)が確保できる 身体的距離(注1)が確保できない
屋内(注2) 屋外 屋内(注2) 屋外
会話有 着用推奨(注3) 着用不要
事例:ランニングなど離れて行う運動、鬼ごっこなど密にならない外遊び
着用推奨 着用推奨
会話無 着用不要 着用推奨
事例:通勤電車の中
着用不要
事例:徒歩での通勤など、屋外で人とすれ違うような場合

注意

  • (注1)2メートル以上を目安
  • (注2)外気の流入が妨げられる、建物の中、地下街、公共交通機関の中など
  • (注3)十分な換気など感染防止対策を講じている場合は外すことも可

その他

  •  夏場においては、熱中症予防の観点から、屋外の「着用の必要はない」場面で、マスクを外すことを推奨。
  •  お年寄りと会うときや病院に行く時など、ハイリスク者と接する場合にはマスクを着用する。

2. 小学校就学前の児童のマスク着用

  • 2歳未満(乳幼児)は、引き続き、マスク着用は奨めない
  • 2歳以上は、以下のとおり、オミクロン株対策以前の新型コロナウイルス対策の取扱いに戻す 。

「保育所等では、個々の発達の状況や体調等を踏まえる必要があることから、他者との身体的距離にかかわらず、マスク着用を一律には求めない。なお、施設内に感染者が生じている場合などにおいて、施設管理者等の判断により、可能な範囲で、マスクの着用を求めることは考えられる。」

厚生労働省ホームページ

マスク着用の方針を示す図

神奈川県のPCR等検査無料化事業が再延長されました

神奈川県では、新型コロナウイルス感染症対策と日常生活の回復の両立を図るため、健康上の理由等によるワクチン未接種者や感染拡大期の感染不安者への無料検査を実施しています。

PCR等検査が無料になる方

1. ワクチン・検査パッケージ等定着促進事業

  • 基礎疾患、副反応の懸念など健康上の理由によりワクチン接種を受けられない者
  • 12歳未満の子ども

2. 感染拡大傾向時の一般検査事業

  • 無症状の神奈川県民に対し、特措法第24条第9項等に基づき検査受検を要請し、要請に応じた住民

対象期間

1. ワクチン・検査パッケージ等定着促進事業:令和3年12月20日から令和4年8月31日まで

2. 感染拡大傾向時の一般検査事業:令和3年12月28日から当面の間まで(7月13日から再開)

詳細:神奈川県ホームページ

秦野市のイベント及び公共施設の開館状況

主催行事等への対応

新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐための主催行事等への対応

公共施設等の状況

新型コロナウイルス感染症に伴う公共施設等の対応

新型コロナウイルス感染症患者の発生状況

新型コロナウイルス感染症患者の発生状況について、ページを移動しました。

感染状況

新型コロナウイルスワクチン

はだのコロナ情報室

 新型コロナの感染防止のために、幅広い年代の市民の皆さまへ身近な情報をお伝えします。

 はだのコロナ情報室

支援対策等

市民の方向け給付金等

企業向け支援

新型コロナウイルスにより影響を受けている中小企業の支援

感染症の予防

新型コロナウイルス感染予防について

詳細は感染症の予防をご覧ください。

除菌水の無償配布

「除菌水(微酸性次亜塩素酸水)」の無償配布を行っています。

詳細は、「除菌水の無償配布」ページをご覧ください。

各種相談窓口・Q&A

市・県相談窓口

咳、発熱がある場合・その他各種お問い合わせ番号。

新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口

その他のご相談

多く寄せられている質問について、下記ページリンクに掲載しています。

マスク等の着用が困難な状態にある等へのご理解をお願いします

発達障害、触覚・嗅覚などの感覚過敏、その他の健康状態など、様々な理由でマスク等の着用が困難な方がいます。マスクを着用していない方に対して批判をするのではなく、皆さまの思いやりある行動、ご理解をお願いします。

マスク等の着用が困難な状態にある発達障害のある方等への理解について

国が実施している布マスクの配布について

 国では、希望する方に対して布マスクの配付を行っています。

 申込期間は、令和4年1月28日までとなっていますので、ご希望される方は、下記の厚生労働省ホームページからお申し込みください。

 厚生労働省ホームページ

新型コロナウイルスに関する偏見や差別を防止するための規定が設けられました

「新型インフルエンザ等対策特別措置法等の一部を改正する法律」における差別的取扱い等の防止に関する規定について

関連リンク

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:くらし安心部 地域安全課 地域安全担当
電話番号:0463-82-9625


所属課室:こども健康部 健康づくり課 健康づくり担当
電話番号:0463-82-9603

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?