コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 健康・医療 > 健康 > 健(検)診 >秦野市のがん検診

トップページ > こんなときには > 健診・予防接種 > 健診(成人) >秦野市のがん検診

秦野市のがん検診

問い合わせ番号:16052-2610-8051 登録日:2020年12月7日

シェア

新型コロナウイルス感染拡大防止対策

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、検診が中止となる場合もあります。その際には、ホームページ上にてお知らせしますのでご確認ください。

検診を受診される際には、体調管理に注意していただき、検診受診日2週間以内に風邪症状(発熱、せき等)があった場合は受診を控えていただくようお願いいたします。また、検診当日、風邪症状(発熱、せき等)がある場合は受診をお断りする場合もありますので、ご了承ください。

受診にあたり次のことにご留意ください

受診日の2週間前からの健康チェックをお願いいたします。

  • だるさ、のどの痛み、鼻みず・鼻づまり、頭痛、関節・筋肉痛、下痢、嘔気・嘔吐などの自覚症状がないか
  • 体温測定で、平熱より高い体温でないか

体調不良の場合は、体調が回復してから受診してください。

  • 集団検診(乳がん集団検診を除く)は、日程表の中からご自由に変更していただけます。健康づくり課に連絡は不要です。
  • 乳がん集団・施設検診、子宮頸がん施設検診は、予約先に変更の連絡をしてください。

受診時必ずご自身でマスク(サージカルマスク、布マスク等)を用意し、着用してください。

がん検診の概要

がんは、日本人の死因の第一位となる病気です。加齢に伴い罹患する確率が高くなり、2人に1人が生涯において一度はがんにかかると言われています。

特に症状がない健康な人のがんを早期に発見し、適切な治療を行うことで、がんによる死亡を防ぐためにがん検診を実施しています。

がんは誰でも遭遇する病気と言えます。定期的にがん検診を受診しましょう。

がん検診の一覧表
検診 対象者
令和3年3月31日時点の年齢
受診先 費用 内容
胃がん 40歳以上 集団 1000円 胃部X線撮影
大腸がん 40歳以上 集団 500円 便潜血反応検査
肺がん 40歳以上 集団/施設 300円 胸部X線撮影
500円 喀痰細胞診検査
50歳以上で、問診後必要な人
乳がん 40歳以上の女性
(受診間隔)2年に1回
集団/施設 1500円 マンモグラフィ検査と視触診
子宮頸がん 20歳以上の女性
(受診間隔)2年に1回
集団 800円 細胞検査
施設 1700円 細胞検査と内診
前立腺がん 50歳以上の男性 施設 500円 PSA検査(血液検査)

検診方法

  • 集団:市内3か所の会場(検診バス)で受診
  • 施設:指定医療機関で受診

費用免除になる人

  • 令和3年3月31日時点で70歳以上の人
  • 生活保護世帯の人
  • 市民税非課税世帯の人
  • がん検診無料クーポン券をお持ちの人

70歳以上の人、無料クーポン券をお持ちの人は手続き不要です。

受診料免除の手続き

受診方法

がん検診の登録がある人に受診券を発送します。受診券が届かない人は、登録のお申し込みが必要です。

がん検診申し込み

受診券をお持ちであっても、次の人は受診できません。

がん検診を受診する方へ

  • 受診当日に秦野市に住民登録のない人
  • 該当の検診部位でがんの治療中・経過観察中等の人
  • 職場等でがん検診を受ける機会のある人
  • 人間ドック等を受ける機会のある人

胃がん、大腸がん、肺がん、子宮頸がん集団検診

受診対象者に、6月から10月にかけてお住いの地区ごとに、受診券と指定の日時、会場等案内をお送りします。
受診券が届く前に受診したい人は、7月中旬以降に健康づくり課にお申し込みください。

集団検診(胃・大腸・肺・子宮頸がん)日程(PDF/277KB)
指定の日時が都合が悪い場合、他の日にちに変更できます。

肺がん施設検診、前立腺がん検診、子宮頸がん施設検診

受診対象者に、6月初旬に受診券をお送りします。

乳がん検診施設検診・集団検診 

受診対象者に、6月初旬に受診券をお送りします。
予約期間内に、指定医療機関又は健康づくり課(集団検診)に予約が必要です。

乳がん検診(施設検診及び集団検診)(PDF/44KB)
6月8日から10月30日までに、指定医療機関へ予約をしてください。

がん検診無料クーポン

子宮頸がんはHPV(ヒトパピローマウイルス)の持続的な感染が主な原因となり、20~30歳代で増加傾向にあります。
乳がんは40歳代後半に発症のピークとなり、この年代の女性にとって、最も多いがん死亡原因です。

下記の一覧に該当する人は、令和2年度の検診を申し込みにかかわらず検診受診料が無料になるクーポンを券を6月初旬に送付しています。

がん検診無料クーポンの内容
検診名 対象者
子宮頸がん検診 平成11年4月2日から平成12年4月1日生まれの女性
乳がん検診 昭和54年4月2日から昭和55年4月1日生まれの女性

検診結果

検診結果は受診後、1カ月~2カ月後に送付します。

精密検査が不要 と判定された人

次回のがん検診を受けましょう。

検診後にがんができることもあります。気になる症状がある場合には、検診を待たずに医療機関を受診してください。

精密検査が必要 と判定された人

何らかの異常があり、がんの可能性(疑い)があります。精密検査を受けることで、がんか否かの判断が初めてされます。

精密検査が必要となった人がそのまま精密検査を受けずにいると、せっかく検診を受けて見つけることができたがんを見逃してしまうかもしれません。

指定の医療機関はありません。精密検査の対象となった人は必ず精密検査を受けましょう。

精密検査に係る費用

精密検査の費用は自己負担となります。

がん情報の提供と電話相談(専用)

神奈川県立がんセンター 

電話番号:045-360-6196
受付:土曜日、日曜日、祝日(振替休日を含む)、年末年始の12月29日から1月3日を除く
時間:10時から12時までと13時から15時まで

関連ページ

がん検診申し込み
がん検診を受診する方へ

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 健康づくり課 健康づくり担当
電話番号:0463-82-9603

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?