コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル > ごみと資源の出し方など > ごみと資源の分け方・出し方 >資源物【月2回】

資源物【月2回】

問い合わせ番号:10010-0000-4376 更新日:2017年12月18日

シェア

『古紙』『衣類』『カン』『リサイクルビン』に分別してください。

古紙の分別方法

それぞれ再生紙やトイレットペーパーなどにリサイクルされます。

紙箱類

出せるもの

紙箱類の出せるものを示す図

  • アルミコーティングされている紙パック(酒パックや飲料用ヨーグルトパックなど)
  • ワックス加工されている紙製容器(紙コップや紙皿など)
  • インスタントラーメンやアイスクリームカップなどの紙製容器
  • レシート
  • はがき、封筒
  • トイレットペーパーやアルミホイルなどの芯、名刺などの小さい紙
  • お菓子やティッシュペーパー、たばこなどの空き箱

出し方

出し方を示す図

紙ひもなどで縛るか、紙袋に入れてください。

注:明細書やはがきなどに書かれている名前や住所などの個人情報は、塗りつぶす、切り取る  などして資源物として出すとき工夫をしてください。

新聞

新聞紙と折込広告チラシを一緒に、紙ひもなどのひも類で縛ってください。

新聞と織り込み広告チラシの出し方を示す図

雑誌類

雑誌、書籍、包装紙、ダイレクトメールを一緒に、紙ひもなどのひも類で縛ってください。

雑誌類の出し方を示す図

段ボール

切り口が波状のものが段ボールです。それ以外は「紙箱類」に分別してください。

段ボールの出し方を示す図

牛乳等紙パック

中をすすいで、水を切ってから束ねて、紙ひもなどのひも類で縛ってください。

紙パックの出し方を示す図

古紙類を出すときの注意

1.次のものはリサイクルできませんので、可燃ごみとして分別してください。

古紙類として出せないもの

  • カーボン紙、圧着はがき(親展はがきなど)、写真、インクジェット写真プリント用紙
  • タオルペーパー、ティッシュペーパー、感熱発泡紙(点字用紙など)
  • においや汚れなどが落ちない紙

2.窓付封筒のビニール部分、セロハンテープやガムテープ、ファイルやバインダーの金属やプラ スチック部分は、取り除いてください。

3.テープ類で縛らず、紙ひもなどのひも類で縛ってください。

衣類・布類の分別方法

古着として輸出するなど、再利用されます。

  • 再度着用できる衣類(汚れ・破れのないもの)が対象です。
  • 洗濯して、よく乾かしてからたたみ、透明又は半透明袋に入れてください。
  • 布団や毛布は「粗大ごみ」、まくらは「可燃ごみ」ですので、資源物として出さないでください。

衣類出し方を示す図

衣類・布類を出すときの注意

極端ににおいや汚れなどが付いているもの、破れているものは資源化できません。汚れなどは極力落として、資源物として出してください。

カンの分別方法

 飲食品用のアルミ缶とスチール缶のみを、緑色のカンネットに入れてください。

缶の出し方を示す図

  • 容器内を水洗いするか、汚れを拭き取って、できるだけ潰してください。
  • 缶の中にたばこの吸い殻などの異物を入れないでください。
  • アルミ缶とスチール缶を分けて入れる必要はありません。

カンを出すときの注意

  • 飲食品用以外の缶(ペンキ缶、オイル缶など)は、「不燃ごみ」に分別してください。
  • カセットボンベやスプレー缶類は、「蛍光灯など」に分別してください。

缶として出せないものを示す図

ビンの分別方法

ビンやタイルなどにリサイクルされます。

飲食品用のビンのみを、透明・茶色・その他の3色に分けて、青色のビンコンテナに入れてください。

色別のビンの出し方を示す図

ビンを出すときの注意

  • 割れたビンや金属製のキャップ、飲食品以外のビンは「不燃ごみ」に分別してください。
  • ラベルやビンの口のプラスチックは、取らなくても結構です。
  • ビンコンテナと表示板は、資源物収集日の前日に各収集場所に配布しますので、当日の朝に利用者が設置してください。

一度に多量の資源物が出てきたら・・・

引越しの片付けなどで多くの資源物が出たり、雨天日が続いて資源物を出せないときは、ストックハウスをご利用ください。

資源物搬入の詳細
搬入場所 搬入日時 搬入できる資源物
環境資源センター 年末年始を除く毎日
午前8時30分から午後5時
ペットボトルを除く資源物、
蛍光灯など
本町地区(寿町10付近) 平日のみ
午前8時30分から午後5時
容器包装プラスチック、古紙類、
衣類・布類
大根地区(南矢名1016-3) 年末年始を除く毎日
午前8時30分から午後5時
容器包装プラスチック、古紙類、
衣類・布類
公民館
注:本町、大根、堀川を除く
開館日のみ
午前8時30分から午後5時
容器包装プラスチック

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境資源対策課 業務管理担当
電話番号:0463-82-4401

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?