コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル > ごみと資源の出し方など > ごみと資源の分け方・出し方 >不燃ごみ・剪定枝・廃食用油【月1回】

不燃ごみ・剪定枝・廃食用油【月1回】

問い合わせ番号:10010-0000-4377 更新日:2015年4月6日

シェア

不燃ごみ

鉄やアルミなどの資源を取り出してリサイクルしています。

分け方

金属類、陶磁器類、リサイクルできないガラスなどが対象です。

フライパン、ナベなどの金物
フライパン、ナベなどの金物

ポット、炊飯器などの小型家電
ポット、炊飯器などの小型家電

茶碗、皿など
茶碗、皿

化粧品のビンなど(飲料、食料品用以外)
化粧品のビン

電球、コップ、割れた蛍光灯
電球、コップ、割れた蛍光灯

王冠、カサなど燃えない小物
王冠、傘

出し方

  • まとめて、透明又は半透明袋に入れてください。
  • 刃物、割れたガラスは危険なので、紙などに包み「刃物」・「ガラス」など、分かるように記入してください。
  • 電気製品などに内蔵されている電池は取り外してください。

刃物は紙に包んで、刃物と書いてください

剪定枝

  • 収集した剪定枝は破砕機でチップ化し、堆肥の原材料、散策路等の舗装材、雑草等抑止材等に使用します。
  • 電話予約による戸別収集と環境資源センター(名古木409番地)への自己搬入もできます。詳しくは、剪定枝の分別収集をご覧ください。

分け方

家庭の庭木を剪定したものが対象です。

  • 落ち葉、雑草、草花、竹、シュロ、つる性の樹木、病害虫(松食虫など)の被害を受けた木は、チップ化できないため、『可燃ごみ』に出してください。
  • 木製の家具(机や棚等)は、『粗大ごみ』(1辺の長さが概ね50cm以上のもの)に分別してください。

剪定枝はヒモで束ねてください

出し方

  • 枝を太さ10cm以内、長さ40cm以内にして、ヒモで束ねてください。
  • 一束の直径は、50cm以内にしてください。
  • 小枝などは、袋に入れて出しても構いません。
  • 1回に出せる量は、5束(袋)までです。
  • 土、石、針金などの異物は、混入させないでください。
  • 『不燃ごみ』とは、別の車両で収集しますので、収集場所では『剪定枝』と『不燃ごみ』を分けて置いてください。

廃食用油

分け方・出し方

  • 使い終わった食用油を、ペットボトルなどの透明な容器に入れてください。
  • ビン容器は、収集途中で割れてしまう危険性があるので、入れて出さないでください。
  • 未開封の食用油については、そのままの容器で出して構いません(ただし、缶のみ。ビンは割れる危険性があるため、ペットボトル等に詰め替えてください)。

その他

公民館での回収は、平成23年度末で終了しました。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境資源対策課 業務管理担当
電話番号:0463-82-4401

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?