コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 子育て・教育 > 子育て >子ども・子育て支援新制度について

子ども・子育て支援新制度について

問い合わせ番号:10010-0000-2693 更新日:2017年6月12日

シェア

制度の概要

 子ども・子育てをめぐる様々な課題を解決して、子育てしやすい社会を実現するため、平成24年8月に「子ども・子育て支援法」が成立しました。

 この法律とその他関係する法律に基づき、「子ども・子育て支援新制度」が、平成27年4月からスタートしています。

 新制度は、「子育てについての第一義的責任は保護者が持つ」という基本的考え方をベースとし、そのうえで、幼児期の教育・保育や地域の子ども・子育て支援を総合的に進めることをめざしています。

 具体的には、消費税率の引き上げによる増収分を活用し、市町村が中心となって、取組みを進めていきます。

新制度の詳細

注:新制度の詳細については、次のパンフレット、関連ページ等をご覧ください。

市町村が進める取組み

  • 保育の場を増やし、待機児童を減らして、子育てしやすい、働きやすい社会をめざします。
  • 幼稚園と保育所のよいところを一つにした「認定こども園」の普及を図ります。
  • 幼児期の学校教育や保育、地域のさまざまな子育て支援の「量の拡充」や「質の向上」を進めます。

秦野市の取組み

 秦野市では、子ども・子育て支援新制度の実施主体として、地域の実情を反映した「秦野市子ども・子育て支援事業計画」を策定しており、これに基づいて施設やサービスを整備・実施していきます。

 また、事業計画の策定に向けた検討、子ども・子育て支援に関する施策の総合的かつ計画的な推進に関し必要な事項や当該施策の実施状況についての調査審議等を実施するため、平成25年度から「秦野市子ども・子育て会議」を設置しています。

秦野市子ども・子育て支援新制度施行事前調査(就学年齢未満の子どものいる家庭むけアンケート調査)

 子ども・子育て支援新制度の準備にあたり、市内にお住まいの就学年齢未満の子どものいる御家庭すべてに対して、子育ての実態や御意見をお聞きすることを目的とし実施いたしました。

  • 調査の対象:就学年齢未満の子どものいるすべての家庭…6,567世帯

 

調査票の回収状況

 

調査票の回収状況一覧
区分 配布数 回収票数 回収率

就学年齢未満の子どものいる家庭

6,567票 2,600票 39.6%
  • 調査期間…平成25年11月16日から平成25年11月30日まで
  • 調査方法…就学年齢未満の子どものいる家庭へ郵送による配布

就学年齢未満の子どものいる家庭むけアンケート調査集計結果概要版(PDF/462KB)

利用できる施設・サービス

 

利用者一覧

親の就労状況

子どもの年齢
0~2歳 3~5歳 小学生
両親ともフルタイムの共働き世帯
注:保育利用は、「保育標準時間」が基本
両親のどちらかがパートタイムの共働き世帯
(もしくはひとり親家庭でパートタイム)
注:保育利用は、「保育短時間」が基本
両親のどちらかが専業主婦(夫)

【在宅で子育て】

【施設を利用】

【在宅で子育て】

 

 

注:保育コンシェルジュについて

 保育サービスや、就学前のお子様の預け先等については、保育コンシェルジュにお気軽にご相談ください。ご家庭にとって最適な預け先を見つけられるようお手伝いし、様々な保育サービスについてわかりやすくご案内いたします。

利用者負担額

詳細は以下のリンクをご覧下さい。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 子育て支援課 子育て政策担当
電話番号:0463-86-3460

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?