コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 税金 > 個人市民税 >個人市民税

トップページ > こんなときには > 税金・納め > 税金 >個人市民税

個人市民税

問い合わせ番号:10010-0000-0258 更新日:2016年11月4日

シェア

個人市民税は、所得に応じて課税される所得割と、定額で課税される均等割があります。なお、個人の県民税は、市民税を納める際に併せて納めていただき、県民税は市を経由して県へ送られます。ここでは、個人県民税についても、説明しています。

 平成29年度給与支払報告書作成上の注意事項について

平成29年1月31日までに提出が義務付けられている給与支払報告書について、作成に関する注意事項を掲載します。
給与支払報告書を作成する際には、この注意事項をよく読み、誤りのないように作成してください。

給与支払報告書送付先:〒257-8501 秦野市桜町1-3-2 秦野市役所市民税課市民税担当宛て

 税額の計算方法

税額の計算方法の図

1総所得金額

総所得金額は、収入金額から必要経費を差し引くことによって算定されます。

なお、給与収入や年金収入の場合の所得金額は、収入金額に応じて定められている額(それぞれ「給与所得控除額」、「公的年金等控除額」と言います。)を収入金額から差し引くことによって算定されます。

2所得控除

所得控除は、扶養控除や生命保険料控除、社会保険料控除等があります(扶養控除や生命保険料控除等は所得税と市県民税で控除額が異なります。)。詳しくは、所得控除の種類のページをご覧ください。

3税率

税率は、平成19年度からの税源移譲により一律10%(市民税6%、県民税4%)になりました。なお県民税については、神奈川県独自の超過課税により、4.025%になっています。

 4調整控除

調整控除は、平成19年度からの税源移譲によって個々の納税者の負担がかわらないよう、個人市県民税と所得税の人的控除の差に基づく負担増を調整する減額措置です。詳しくは、調整控除のページをご覧ください。

 5税額控除

税額控除は、配当控除や外国税額控除があります。詳しくは、税額控除のページをご覧ください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:財務部 市民税課 市民税担当
電話番号:0463-82-5130

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?