コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > こども若者相談 >こども相談の案内

こども相談の案内

問い合わせ番号:15628-9565-0561 更新日:2020年5月25日

シェア

こども若者相談担当は保健福祉センターの1階にあります。

保健福祉センター正面の写真

こども相談は通常通り受付けています

 政府の緊急事態宣言及び県の緊急事態措置に基づき、保健福祉センターが5月31日(日曜日)まで、貸室利用が制限されていますが、こども相談については、新型コロナウイルス感染拡大防止の対策を行い、通常通り受付けています。

 お子様に関する相談(養育、学校生活、いじめ、不登校、性格・行動、発達など)や児童虐待に関する相談・通告などについて、専門の相談員がご相談に応じます。

対象の年齢は、秦野市にお住まいの18歳未満のお子さんとなります。

注:18歳以上の相談については、若者相談の欄をご覧ください。

詳しくは、お子さんに関する相談案内(PDF/634KB)のチラシをご覧ください。

保護者と子どもたちへのメッセージ

自分のいら立ちを知り、リラックスする方法などが紹介されたリーフレットです。

こども若者相談イラスト

相談時間

年末年始の12月28日から1月3日と祝日・祭日は除きます。

 電話相談時間

月曜日から金曜日:午前9時から午後5時

予約による来所相談時間

  • 月曜日から金曜日:午前9時から午後7時
  • 土曜日:午前9時から午後4時

相談方法

  • まずはお電話ください。「電話相談」のほか、「来室相談(要予約)」などでも対応させていただきます。
  • 相談の費用は無料で、秘密は守られます。
  • 相談専用電話は、0463-82-5273または、0463-84-7800です。

相談場所

保健福祉センター内の「面接室」「遊戯室」等で相談をお受けします。

面接室の写真
面接室

遊戯室
遊戯室

学校(園)と連携した教育相談

ご希望により発達検査や性格検査などを実施し、学校(園)の教育活動及び教育支援教室などと連携しながら支援を行っています。

児童虐待

「189(いちはやく) ちいさな命に 待ったなし」
令和元年11月 児童虐待防止推進月間 標語(主唱:厚生労働省・内閣府)

児童虐待は、子ども達の健やかな成長や発達を阻害するだけでなく、基本的人権を脅かす重大な問題です。

秦野市では「児童虐待の防止等に関する法律」及び「児童福祉法」の改正に伴い、平成17年4月に制定した「秦野市はだのっ子すこやかネットワーク要綱」を廃止し、平成29年4月に「秦野市要保護児童対策地域協議会設置要綱」を新たに制定し、虐待の未然防止、早期発見・早期対応及び虐待を受けた児童の具体的な支援を関係諸機関と連携して取り組んでいます。

子どもを健やかに育むために ~愛の鞭ゼロ作戦~

子育てにおいて、しつけと称して、叩いたり怒鳴ったりすることは、子どもの成長の助けにならないばかりか、悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。愛の鞭をやめて、子どもを健やかに育みましょう。

子どもに向き合うポイントをまとめた厚生労働省作成のリーフレットです。
子どもを健やかに育むために~愛の鞭ゼロ作戦~(PDF/987KB)

関連リンク

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 こども家庭支援課 こども若者相談担当
電話番号:0463-82-6241

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?