コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 教育 > 支援教育 >秦野市の支援教育

秦野市の支援教育

問い合わせ番号:16166-2986-2508 登録日:2021年3月29日

シェア

基本方針(秦野市教育振興基本計画より)

全ての子どもたちの可能性を引き出す新たな学びのスタイルにより、持続可能な社会を創り出す力を育みます。

支援教育とは

支援教育とは、様々な課題を抱えた子どもたち一人ひとりのニーズに適切に対応していく教育のことです。支援教育の対象の子どもは障害の有無に関わらず、全ての子どもたちです。

子どもたちは、「授業が分からない」「みんなが自分のことを分かってくれない」などの様々な悩みや課題を抱えるとともに、その解決に向けて自分自身の力で何とかしようと努力しています。このような子どもたち一人ひとりの持つ独自の課題が子どもの「教育的ニーズ」です。学校教育では、こうした子どもたちの努力について、直接間接を問わず、その子どもたちに合った方法で働きかけをしていきます。

インクルーシブ教育の推進

多様化する子どもたちの教育課題に対応する合理的配慮を踏まえたインクルーシブ教育を推進し、個に応じた支援体制の充実を図ります。

注:合理的配慮とは、社会の中にあるバリアを取り除くために何らかの対応を必要としているとの意思が伝えられた時に、負担の重すぎない範囲で対応に努めることです。その内容は、それぞれの特性や場面、状況に応じて異なります。

就学について

よくある質問を含めたリーフレットをご用意しています。

就学について(PDF/204KB)

小学校入学にむけて

特別支援学級、特別支援学校をお考えの方へ

就学までの流れ

就学までの流れ一覧
5月 就学に向けて園の先生に相談
6月 園から教育指導課に就学相談資料を提出(保護者の方にも作成の協力をお願いします)
7~10月
  • 教育指導課の就学担当・学区小学校の教育支援委員が園にお子さまの様子を見に行きます。
  • 保護者と教育指導課就学担当が面談(お子さまのことを聞き取る・意向の確認)
  • 学区の小学校見学(学区外も希望があれば)、特別支援学校(養護学校)の見学(希望者)
10月~1月 秦野市教育支援協議会(適切な就学先および教育上必要な支援の内容等についての話し合いを年に4回行います)
1月末まで 保護者へお知らせ(学校、学級を確認する手紙)→協議会ごとに通知
(保護者の希望が決定し、資料がそろった順に協議会を行いますが、学校ごとにまとめて行う場合があるため、お知らせの時期がおそくなることがあります。)
4月 就学

就学に関する意向

就学に関する意向は次の時期までに教育指導課にお伝えください。

  • 特別支援学校を希望:9月30日まで
  • 特別支援学級を希望:11月30日まで

注1:期日の前日までに、必ず見学・必要な資料の準備ができているようにしてください。

注2:就学担当者との面談で既に意向を伝えていただいている場合の連絡は不要です。

特別支援学校の教育課程と就学に必要な書類等

資料は9月30日までに提出が必要です。

資料の一覧
知的障害 肢体不自由 視覚・聴覚
発達検査・知能検査または療育手帳 医師の診断書または身体障がい者手帳 医師の診断書または身体障がい者手帳

特別支援学級の教育課程と就学に必要な書類等

資料はできるだけ早めにご提出ください。最終期限は12月10日です。

必要な書類等の一覧
知的障害 自閉症・情緒障害 肢体不自由 病弱 弱視 難聴
発達検査・知能検査(知的障害が認められる)の結果
または療育手帳
医師の診断書(自閉症、ADHD等情緒的な課題があると分かる)
発達検査の結果
身体障がい者手帳
または医師の診断書
医師の診断書 医師の診断書
または手帳
医師の診断書
または手帳

通級指導教室

小学校の通常級に通う場合、必要に応じて通級指導教室を利用することができます。通級指導教室には<ことばの教室>と<まなびの教室>があります。

新1年生は、まずは学校や学級に慣れてもらうため、原則2学期以降の利用になります。

まなびの教室

リーフレットをご用意しています。

まなびの教室(PDF/141KB)

まなびの教室とは

 秦野市の小学校の通常級に在籍し、ほとんどの学習を在籍校で行いながら、個別に教育的配慮が必要な児童に対してより自信をもって学校生活を送れるように支援を行う教室です。

こんな願いがある子どもが対象です

  • 聞く、話す、読む、書く、計算する、推論することがうまくできるようになりたい。
  • 話を聞いて何をしたらよいのかすぐにわかるようになりたい。
  • 学校生活や遊びのルールが守れるようになりたい。
  • 思っていることを伝えられるようになりたい。
  • 相手の気持ちや状況を考えて行動できるようになりたい。
  • スムースに動作や作業に取りかかれるようになりたい。
  • 友だちとうまく遊びたい。

こんなことに心がけています

  • 自信を持って生活できるような経験をふやします。
  • 活動に満足感を味わわせ、情緒の安定を図ります。
  • 信頼関係を深め、人との関わり方を教えます。
  • できること、できたことを賞賛し、自己イメージを高めます。
  • 保護者や担任の児童への対応の仕方について、支援をします。

まなびの教室の仕組みや内容

  1. 秦野市内の小学校通常学級に在籍する児童を対象とします。
  2. 現在の学校に在籍したまま「まなびの教室」に通級します。「まなびの教室」で指導を受けている時間は、お子さんが学習している時間と見なされます。通級のために日課の途中で学校を出たり、学校に戻ったりしても「早退」「遅刻」にはなりません。
  3. 1対1の個別指導が中心ですが、必要に応じてグループ指導も行われます。
  4. 決められた曜日・時刻に、まなびの教室に通います。指導時間は、1単位時間45分とし、週1~2回実施を基本とします。

入級の手続き

通級までの流れ

まなびの教室通級までの流れ図

通級が決まってから
  1. 通級する場合は、通学に際しての安全のために保護者の方の付き添いをお願いします。
  2. 効果的な指導を進めるために、保護者の方、学級担任とも連絡を取り合いますので、ご協力をお願いします。
  3. 他校から通級する場合、お子さんの交通費は申請により支給されます。(通級指導校でご相談ください。)

申し込みから決定まで

  1. 通級を開始するためには、「通級指導教室入級審査会」(年3回7月・11月・2月)で通級が必要かどうかの判断を行うことになっています。
  2. 総合的に判断して、通級が認められない場合もあります。

通級の終了

  • 状況が概ね改善された場合には指導は終了となります。
  • 指導期間は原則3年とします。

まなびの教室の学区

学区の詳細
本町小学校区 大根小学校区 渋沢小学校区
  • 本町小学校
  • 南小学校
  • 東小学校
  • 末広小学校
  • 南が丘小学校
  • 大根小学校
  • 広畑小学校
  • 鶴巻小学校
  • 北小学校
  • 上小学校
  • 西小学校
  • 渋沢小学校
  • 堀川小学校

連絡先

連絡先の一覧
本町小学校 学校電話:0463‐81‐1610
教室電話:0463‐81‐2162
大根小学校 学校電話:0463‐77‐1650
渋沢小学校 学校電話:0463‐88‐7066
教室電話:0463‐88‐7204

ことばの教室

リーフレットをご用意しています。

ことばの教室(PDF/144KB)

ことばの教室とは

 話したりきいたりすることを苦手としているお子さんを対象に、その症状や程度に応じた個別指導を行い、正しいことばを育てたり、学校生活や社会生活への適応を高めることを目的として設置されている通級制の指導教室です。

通級の対象となる子どもたち

通級の対象となるケース
発音の誤り
  • 全体的に発音がはっきりしない。
  • ある音がほかの音におきかわってしまう。「カラス→タラス」「センセイ→テンテイ」
  • 子音が省略してしまう。「ミカン→ミアン」
吃音(きつおん)
  • 繰り返し「ボ、ボ、ボクハ・・・」「ガーガッコウデネ」など。
  • 引きのばし「ボーークネ」「ホホーン、ヨミガニガテ」など。
  • 難発 話そうとするけれども最初の音がつまって出てこない。
ことばの
発達の遅れ
  • 言えることばが少ない、またはなかなかふえない。
  • ことばを並べていうだけで文としてつないで話すことができない。
  • 人とのやりとりがうまくいかない。
  • 文法的におかしい話し方をする。
難聴
  • 話しかけても気づかないなど、きこえが悪い。
  • 聞き返し(聞き誤り)が多く、ことばがはっきりしない。(発音の誤りがある。)
  • 補聴器を使用しているが、うまく使いこなせない。

ことばの教室の仕組みや内容

  1. 秦野市内の小学校通常学級に在籍する児童を対象とします。
  2. 現在の学校に在籍したまま「ことばの教室」に通級します。「ことばの教室」で指導を受けている時間は、お子さんが学習している時間と見なされます。通級のために日課の途中で学校を出たり、学校に戻ったりしても「早退」「遅刻」にはなりません。
  3. 1対1の個別指導が中心ですが、必要に応じてグループ指導も行われます。
  4. 決められた曜日・時刻に、ことばの教室に通います。指導時間は、週1回90分を基本としています。

申し込みから決定まで

  1. 通級を開始するためには、「通級指導教室入級審査会」(年3回7月・11月・2月)で通級が必要かどうかの判断を行うことになっています。
  2. 総合的に判断して、通級が認められない場合もあります。

入級の手続き

通級までの流れ

ことばの教室通級までの流れ図

通級が決まってから
  1. 通級する場合は、通学に際しての安全のために保護者の方の付き添いをお願いします。
  2. 効果的な指導を進めるために、保護者の方、学級担任とも連絡を取り合いますので、ご協力をお願いします。
  3. 他校から通級する場合、お子さんの交通費は申請により支給されます。(通級指導校でご相談ください。)

通級の終了

  1. 状況が概ね改善された場合には指導は終了となります。
  2. 指導期間は原則3年とします。

ことばの教室の学区

学区の一覧
末広小学校区 西小学校区
  • 本町小学校
  • 南小学校
  • 東小学校
  • 大根小学校
  • 末広小学校
  • 広畑小学校
  • 南が丘小学校
  • 鶴巻小学校
  • 北小学校
  • 上小学校
  • 西小学校
  • 渋沢小学校
  • 堀川小学校

連絡先

連絡先一覧
末広小学校「ことばの教室」 住所 秦野市末広町6‐6
学校電話 0463-82-5255
西小学校 「ことばの教室」 住所 秦野市並木町8‐1
学校電話 0463‐88-0013

このページに関する問い合わせ先

所属課室:教育部 教育指導課
電話番号:0463-84-2786

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?