コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ごみ・環境 > 生活環境 > 犬を飼う方へ >飼育・散歩の注意

飼育・散歩の注意

問い合わせ番号:10010-0000-4512 登録日:2022年6月16日

シェア

新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ

 令和2年7月7日、厚生労働省の新型コロナウイルス感染症に関する「動物を飼育する方向けQ&A」の内容が更新されました。

 詳しくは、下記のリンクにある、厚生労働省のページを御覧ください。

厚生労働省「動物を飼育する方向けQ&A」

飼育の前に

 犬の所有者は、狂犬病予防法により、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後91日)から30日以内に生涯1回の犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が義務付けられています。まずは、犬を登録しましょう。

犬の登録方法

飼育の注意

しつけをしっかりしましょう

  • 無駄吠えをさせないようにしましょう。犬の無駄吠えは、近隣の迷惑になります。
  • 犬が逃げないように固定しましょう。犬の逃走は近隣の迷惑になるだけでなく、犬が事故に遭うおそれもあります。
  • 犬小屋は常に清潔に保ちましょう。フンやエサのにおいに配慮をお願いします。清潔にすることで、犬の病気も防ぐことができます。

しつけに困っていたら

神奈川県動物愛護センターでは、犬のしつけ相談を行っています。要予約:0463-58-3411。

散歩の注意

  • トイレを済ませてから散歩しましょう。また、フンをしてしまった場合は、必ず持ち帰りましょう。
  • マーキングさせないようにしましょう。また、マーキングしてしまった場合は、水で流すようにしましょう。
  • リードは離さず、短めにしっかり持ちましょう。
  • 犬を飛びつかせないようにしましょう。犬を怖がる人や、アレルギーを持っている人もいます。
  • ブラッシングはやめましょう。散歩をしている人や近隣の家に毛が飛んで行ってしまいます。

関連機関へのリンク

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 生活環境課 生活環境担当
電話番号:0463-86-6037

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?