コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 税金 > その他の税 >原動機付自転車等の申告手続き

原動機付自転車等の申告手続き

問い合わせ番号:10010-0000-0188 登録日:2020年12月28日

シェア

原動機付自転車(排気量50ccから125cc)や小型特殊自動車、ミニカーの登録・廃車等の手続きは、秦野市役所市民税課の窓口でお取り扱いしています。

窓口でのお取り扱いについて

 お取り扱い時間等について

お取扱い時間等
時間及び場所等
時間 月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時まで
注:年末年始、祝祭日を除く
場所 本庁舎2階 市民税課

 市役所でお取り扱いできないもの

三輪・四輪の軽自動車等、及び125cc以上のバイクの登録・廃車等の手続きは、市役所でお取り扱いできません。管轄の軽自動車検査協会または自動車検査登録事務所等までお問い合わせください。

休日開庁日も一部お取り扱いできます

令和3年1月より、休日開庁日が変更されました。市民税課の開庁日等については以下のとおりです。

休日開庁日について
時期及び時間等
開庁時期 2月・3月の第2土曜日、第4日曜日
注:この期間以外は、お取扱いできません。
受付時間 午前 8時30分から正午
午後 1時から5時
注:正午から午後1時までは、お取扱いできません。
受付業務
  • 秦野市ナンバーの新規登録
  • 秦野市ナンバーの名義変更
  • 秦野市ナンバーの廃車申告

注:お取扱いできるのは、原付第1種(白)、第2種乙(黄)、第2種甲(桃)のナンバーのみです。

なお、以下の内容については休日開庁日ではお取り扱いできませんので、平日のうちにお越しください。

  • 小型特殊自動車(緑ナンバー)ミニカー(青ナンバー)の各種申告手続き
  • ボアアップ等の改造をした車両の申告手続き
  • 他市区町村標識(他市ナンバー)からの申告手続き
  • ナンバープレートのない廃車(紛失や盗難)の申告手続き
  • その他、申告に必要な書類等がない場合

※ 手続きの内容によっては、休日開庁日でもお取り扱いできない場合があります。あらかじめご了承ください。ご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。

 ナンバープレートを取得するとき

※申請時に本人確認をさせていただきますので、身分証明書をお持ちください。

手続き方法一覧
 主なことがら 必要なもの 
販売業者等から購入した場合
  •  「販売証明書」
    (1)販売業者等の「所在地、氏名(名称)、電話番号」の記載があり、かつ社印の押印があるもの
    (2)「軽自動車税(種別割)申告(報告)書兼標識交付申請書」に(1)と同様の記載があるもの
  • 新しい所有者及び使用者の印鑑
  • 個人事業者から購入した場合は、古物商許可番号の記載又は古物商許可証の写し等
廃車証明書がある場合
  •  廃車証明書(原本)
  • 新しい所有者及び使用者の印鑑
  • 譲渡証明書(譲渡された場合)
他の市区町村の標識(ナンバープレート)がついている車両があるとき
  •  他の市区町村の標識(ナンバープレート)
  • 標識交付証明書
  • 新しい所有者及び使用者の印鑑
  • 譲渡証明書(譲渡された場合)
     
  • ナンバープレートを変更した場合
  • ナンバープレートを紛失等したため、再発行したい場合
  •  新しい所有者及び使用者の印鑑
  • 標識交付証明書
  • 譲渡証明書(譲渡された場合)
  • 再交付弁償金(200円)
  • 秦野市のナンバープレート(変更の場合のみ必要)

 名義変更や改造の申告等をするとき

※申請時に本人確認をさせていただきますので、身分証明書をお持ちください。

手続き方法一覧
主なことがら  必要なもの 
秦野市内の人同士で譲渡するとき
  • 譲渡証明書
  • 標識交付証明書
  • 新しい所有者及び使用者の印鑑
ボアアップ等によって排気量や車両の状況が変わったとき
  • 所有者及び使用者の印鑑
  • 譲渡証明書(譲渡された場合)
  • 標識交付証明書
  • 変更前の秦野市のナンバープレート(種別が変わる場合)
  • 車両の写真(印刷して提出してください。)

※下記「改造車両等の申告について」もご確認ください。

 標識交付証明書を再発行したいとき
  • 所有者及び使用者の印鑑

※あらかじめ標識番号等の車両情報を控えてきてください。

住民登録地が秦野市外にある方が申請するとき

所有者の方が、秦野市に住民登録をしていない(住民票を置いていない)ときは、申請書への世帯主名および連絡先の記入のほか、以下の2点の書類の提出が必要となります。提出がないと、受付けできない場合もありますので、ご注意ください。

  1. 現在の住民登録地(実家等)が証明できるもの
    (例)運転免許証、住民票の写し
  2. 定置場とする秦野市の住所が分かるもの
    (例)健康保険証、学生証、公共料金(電気、ガス、水道等)の請求書

なお、このときの納税通知書の送付先は、現在の住民登録地(実家等)になります。
 

ナンバープレートを返納(廃車)するとき

※申請時に本人確認をさせていただきますので、身分証明書をお持ちください。

手続き方法一覧

 主なことがら  必要なもの
秦野市のナンバープレートを廃車(返納)したいとき
  • 所有者及び使用者の印鑑
  • 秦野市のナンバープレート
  • 標識交付証明書
 車両又はナンバープレートが盗難された場合
  • 所有者及び使用者の印鑑
  • 標識交付証明書

※警察署に盗難届を提出した届出年月日や受理番号、届出た警察署(交番名等含む)を控えてから手続きしてください。

 ナンバープレートを紛失等した場合
  • 所有者及び使用者の印鑑
  • 標識交付証明書

注:他市区町村のナンバープレートについて、秦野市のナンバープレートとの交換を伴わない返納の手続き(単純廃車)をすることはできません。手続き方法については、該当の市区町村にお問い合わせください。

郵送による廃車申告について

廃車申告は、郵送でも受付けることができます。申告に必要なものを用意していただき、下記のあて先までご郵送ください。手続き完了後、廃車申告受付書が同封していただいた返信用封筒に入って届きます。再発行できませんので、大切に保管してください。

★ 申告に必要なもの

  • 軽自動車税(種別割)廃車申告書兼標識返納書
    →必要事項を記入し、押印してください(みとめ可)。
  • 返信用封筒(必須)
    →手続き完了後、廃車申告受付書(A4)をご返送するための封筒です。返信先の住所と氏名を記入し、必要分の切手を貼ってください。
  • 秦野市のナンバープレート
  • 標識交付証明書
    →ナンバープレートを取得した際に一緒にお渡ししている書類です。原則回収しておりますので、お手元にあれば同封してください。

あて先

〒257-8501
神奈川県秦野市桜町1-3-2 
秦野市役所 市民税課 税制収納管理担当 宛

ご注意ください

  • 手続き完了後、廃車申告受付書を同封していただいた返信用封筒に入れてお送りします。返信用封筒の同封がない場合、届け先が分からず、廃車申告受付書が届かなくなってしまうおそれがありますので、必ず添付してください。
  • 廃車申告受付書は、廃車したという証明書類というだけでなく、再登録の手続きの際に必要な書類です。再発行はできませんので、大切に保管してください。
  • 休日や郵便事情等の都合により、お手続きに時間がかかる場合があります。時間に余裕をもって申告してください。
  • 提出が4月1日を過ぎますと、次年度の課税が発生します。

改造車両等の申告について

申告の義務について

排気量等を変更した場合は、申告の義務があります。また虚偽の申告をしたものは、地方税法448条の規定に基づき罰せられます。原動機付自転車変更届出書に必要事項を記入し、提出してください。

届出の記載事項について

原動機付自転車変更届出書に必要事項を記入して提出してください。

  • 排気量変更(ボアアップ等)をしたとき
  • 種別変更(ミニカーへの改造等)をしたとき
    ※写真の添付が必要です。輪距(片輪の中心からもう片輪の中心の間の距離)にものさしをあてた写真と、車輪の数や形状がわかる全体の写真が必要ですので、併せて提出してください。

注:三輪又は四輪のミニカーやスクーターについて、排気量50ccを超える改造を行った場合は、原動機付自転車で登録することはできません。管轄の自動車検査登録事務所又は軽自動車検査協会へお問い合わせください。

道路運送車両法等の保安基準について

公道を走行するためには、道路運送車両法等の保安基準の要件を満たす必要があり、その保安基準を満たさず走行した場合、違法改造又は整備不良として警察による取り締まりの対象になる可能性がありますので、ご注意ください。 

原動機付自転車等を登録された方へ

申告の義務について

原動機付自転車、小型特殊自動車の所有状況が変わった場合、以下の期日以内にそれを申告する義務があります。

  • 取得したり、転居したとき・・・15日以内
  • 廃車したり、譲渡したとき・・・30日以内

盗難等の場合の申告の義務について

  • 盗難等にあった場合は、警察署での手続きとは別に、市役所で申告手続きをする必要があります。廃車や名義変更等の手続きをされませんと使用中(所有中)とみなされ、引き続き課税されます。必ず手続きをしてください。
  • 申告をする際は、届け出た警察署で盗難届の受理番号および届出年月日をあらかじめ確認してください。市役所でもその盗難届出が確認できた場合、その届出年月日が廃車日となります。
  • この場合の申告の受付は、平日のみです。

禁止事項等について

  • 標識(ナンバープレート)を他の車に付け替えることは禁止します。
  • 標識(ナンバープレート)を他の人に貸したり、譲ったりすることは禁止します。

その他留意事項について

市役所が交付している標識(ナンバープレート)は、市から貸与しているものです。大切に取り扱っていただきますようお願い致します。また、標識は課税客体を判明させるものであり、市が道路の走行を許可するものではありません。公道を走行する際はご注意ください。

 軽自動車税(種別割)について

  • 原動機付自転車や小型特殊自動車を所有している方には、軽自動車税(種別割)が課税されます。
  • その年の4月1日時点で登録のある車両について、納税義務者に対して課税されます。4月2日以降に名義変更や廃車等をされても、その一年分の税金がかかります。 自動車税(種別割)のような月割の納付制度はありません。

詳しくは、軽自動車税(種別割及び環境性能割)についてのページをご確認ください。

書式のダウンロード

 詳細は以下のリンクをご覧ください。

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:総務部 市民税課 税制収納管理担当
電話番号:0463-82-5129

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?