コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 子育て・教育 > 子育て > 妊娠から出産 >母子健康手帳

トップページ > こんなときには > 妊娠・出産 > 妊娠 >母子健康手帳

母子健康手帳

問い合わせ番号:10010-0000-2530 更新日:2017年5月16日

シェア

妊娠おめでとうございます。

母子健康手帳は母と子の成長と健康の記録です。定期健診のときには必ず持参して、毎回の健診結果を記入してもらいましょう。秦野市では母子健康手帳の交付の時から、妊娠さん・子育ての支援を実施しています。

マタニティマーク1

秦野市の妊婦さんへお知らせ(交付場所の変更と土曜日・日曜日の窓口サービスについて)

平成27年7月1日(水曜日)から、母子健康手帳の交付場所が市役所本庁舎から、秦野市保健福祉センター(秦野市緑町16-3)内1階の健康づくり課親子健康担当へ変更になりました。

手続き時には母子保健サービスの情報提供だけでなく、助産師の資格を持つ母子保健コーディネーター及び保健師による相談もできるようになりました。体調のことなど気軽にご相談ください。

開庁日と日時

1 保健福祉センター開所日時とは異なります。

2 平日だけでなく、平日に来庁できない方などのために、母子健康手帳交付に関する手続きのみ、土曜日や日曜日(月に一度)開庁日カレンダーにも受け付けています。

3 たばこ祭開催日(9月下旬)、年末年始(12月29日~翌年1月3日)等は休業となります。開庁日カレンダー

平日

  • 午前8時30分から午後5時

土日  

 平成29年4月まで

  • 土曜日に交付、ただし第3土曜日はお休みし、翌日の日曜日に交付
  • 土日とも午前8時30分から正午、午後1時から5時 
     

 平成29年5月 【臨時休庁】

  本庁舎耐震補強工事に伴い、今年5月の土日開庁は全てお休みします

 平成29年6月から

  • 土曜日に交付、ただし第2土曜日はお休みし、翌日の日曜日に交付
  • 土日とも午前8時30分から正午、午後1時から5時 
     
  •   【臨時休庁】 システムメンテナンスのため、6月17日(土曜日)はお休みします

交付手続

医療機関で妊娠の診断を受けたら早めに健康づくり課親子健康担当の窓口(秦野市保健福祉センター1階)へ妊娠届出書(PDF/110KB)を提出し、母子健康手帳の交付を受けましょう。

  •  注1:マイナンバーの利用開始に伴い、妊娠の届出時には本人確認と妊婦さんのマイナンバー確認の書類提示が必要となります。
  •  注2:妊娠届出書(PDF/110KB)は親子健康担当窓口に設置のものにその場で記入もできますが、可能な方はホームページよりダウンロードし、記入して持参いただくと窓口での手続時間が短縮できます。
  •  注3:妊娠届出書には妊娠週数、分娩予定日、妊娠の診断を受けた医療機関名等を記入していただきます。

 持ち物 注:マイナンバーの利用開始に伴い、持ち物が変更になりました。(PDF/431KB)

申請者確認書類

    • (1)から(3)のいずれか
       (1)個人番号カード(写真付きのもの)
       (2)運転免許証、旅券、身体障害者手帳、精神障害者手帳、在留カード、特別永住者証明書
       (3)官公署から発行された書類、その他これに類する書類で「氏名・生年月日又は住所・写真」が確認できるもの
    • (1)から(3)が確認できない場合
       (4)健康保険証、年金手帳、児童扶養手当証書、特別児童扶養手当証書
       (5)官公署や番号利用事務実施者等が発行した書類等で「氏名・生年月日又は住所」が確認できるもの
  1. 妊婦さんのマイナンバー確認書類:(1)から(3)のいずれか
    (1)個人番号カード
    (2)通知カード
    (3)個人番号が記載された住民票の写し・住民票記載事項証明書
  2. 妊娠届出書(PDF/110KB)(お持ちの方)
  •  注1:医師の証明書や申請者の印鑑は必要ありません。
  •  注2:代理申請可能です。代理申請の場合の持ち物:代理権の確認(委任状など)や代理人(委任を受けた方)の身元確認(運転免許証など)、妊婦本人の個人番号の確認(個人番号カードの写しなど)が必要になります。

交付されたら全体に目を通し、記載できるところは早めに書いておきましょう。お母さんとお子さんの健康を守り、成長の喜びが記された素敵な手帳になるように、積極的に活用しましょう。

妊娠中は、いつも携帯しましょう。

母子手帳

母子健康手帳と同時に交付されるもの

  1. 母子健康手帳別冊(妊婦健康診査費用の補助券)
  2. 母子健康手帳の副読本「赤ちゃん&子育てインフォ」
  3. おめでた家族教室の案内(平成29年度(PDF/591KB)
  4. マタニティストラップ(PDF/218KB)

 外国語版の母子健康手帳についても健康づくり課親子健康担当(秦野市保健福祉センター1階)で交付いたします。

こんなときはどうしたらいいの?

多胎(ふたご、みつご等)と診断されたとき

妊娠届出の際に健康づくり課親子健康担当窓口でその旨をお知らせください。赤ちゃん1人につき母子健康手帳を1部、交付します。

先に1部のみ交付された方は追加で交付します。

転入したとき、転出したとき

母子健康手帳は最初に交付された市町村のものを使います。転出の際に返却していただく必要はありません。

また、紛失を除き、転入の方に新たに交付することもありませんので御注意ください。

紛失したとき

就学前であれば健康づくり課親子健康担当(秦野市保健福祉センター1階)で再交付いたしますが、それまでの乳幼児健康診査や予防接種の記録は残りませんので、大切に保管しましょう。

問い合わせ

平日と第3を除く土曜日:8時30分~17時00分(年末年始、祝日、たばこ祭開催日を除く)

健康づくり課親子健康担当 電話番号:0463-82-9604 住所:秦野市緑町16-3

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 健康づくり課 親子健康担当
電話番号:0463-82-9604

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?