コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 生涯学習・スポーツ・文化財 > 文化・芸術 > 秦野市立桜土手古墳展示館 >展示

展示

問い合わせ番号:10010-0000-2125 更新日:2017年8月3日

シェア

2017年度の展示

展示会一覧表
展示会名称 開催期間
【企画展】春季特別展 『昭和の秦野 -暮らしと道具展-』 4月1日~6月30日
【企画展】はだの史・発見展 『ようこそ! 50年前の丹沢へ』 8月1日~8月27日
【企画展】はだの史・発見展 『秦野たばこ資料展』 9月12日~9月24日
【企画展】秋季特別展 
『遺跡・遺物が語る! かながわ・秦野の歴史2017』
10月3日~11月26日
【企画展】秦野市指定文化財特別公開 11月2日~11月5日

 

2016年度の展示

展示会一覧表
展示会名称 開催期間
【企画展】春季特別展 4月19日~6月26日
【企画展】はだの史・発見展「丹沢登山昔むかし-大正から昭和30年代」 7月21日~8月28日
【企画展】秋季特別展 10月4日~11月27日
【企画展】秦野市指定文化財特別公開「ニホンオオカミの頭骨」展示 10月28日~11月3日(当展示館)
【企画展】はだの史・発見展「絵図でみる江戸・明治時代の秦野」 2月7日~3月12日

 ≫これまでの特別展

常設展示

展示室(1階)

桜土手古墳群(35基)から出土した装身具・武器・土器などを展示しています。

装飾小
<まが玉・切子玉・ガラス玉>

土器2小
<土器(須恵器)>

造営小
<古墳造営模型>

展示館窓
<展示館窓から古墳公園・1号復原古墳を望む>

映像室では120インチのスクリーンにより、当館企画の映像を上映しています。

  • 古墳の造営
  • 古代人の祈り
  • 遺跡にみる秦野の歴史-原始・古代の暮らし

ミュージアムプロムナード(地階)

秦野市内で見つかった原始・古代の考古資料(石器・土器など)を展示しています。

また、縄文・弥生時代から古墳時代にいたる墓制の変遷について時代ごとに説明しています。

弥生式土器
<弥生土器・砂田台遺跡出土>

プロム全景小
<プロムナード全景>

 

企画展示

秦野市指定文化財特別公開

指定文化財特別公開に伴い、当展示館では、二子塚古墳出土の『銀装圭頭大刀』を展示します。
『銀装圭頭大刀』の展示は、本年度最初で最後の公開となる予定です。
短期間ですが、ぜひこの機会にご覧ください。

  • 日時 : 平成29年11月2日(木曜日)~11月5日(日曜日)
    午前9時~午後5時 (入館は4時30分まで)
  • 場所:当展示館
  • 入場料:無料

銀装圭頭大刀

 

秋季特別展 『遺跡・遺物が語る! かながわ・秦野の歴史2017』

かながわ考古学財団が発掘調査している「蓑毛小林遺跡」「寺山角ヶ谷戸遺跡」「横野山王原遺跡」「柳川竹上遺跡」といった市内遺跡をはじめ、伊勢原など県西部の調査成果について、出土品や写真パネルなどで紹介します。
 

  • 日時:平成29年10月3日(火曜日)~11月26日(日曜日)
    午前9時~午後5時 (入館は4時30分まで)
  • 場所:当展示館ミュージアムプロムナード及び映像室
  • 入場料:無料

《速報展示》(秋季特別展内における、期間限定公開となります。)
発掘調査見学会(6月)にて関心の高かった「菩提横手遺跡」より、古墳の石室から出土した副葬品の一部を、発掘調査速報展という形で展示します。

  • 速報展示期間:11月7日(火曜日)~11月19日(日曜日)

《 蓑毛小林遺跡 》

槍先形尖頭器 発掘状況

 《 柳川竹上遺跡 》

発掘状況 発掘全景

 菩提横手遺跡 》 

直刀 古墳

 

はだの史・発見展

『秦野たばこ資料展』

「秦野たばこ祭」第70回を記念して、過去の祭りのポスターや写真パネルなどを展示します。
また、秦野のタバコ耕作の様子も紹介します。

  • 日時:平成29年9月12日(火曜日)~9月24日(日曜日)
    午前9時~午後5時 
  • 場所:秦野市立本町公民館 1階展示スペース
  • 入場料:無料

    昭和39年ポスター
       【昭和39年ポスター 画:宮永岳彦】
     

『ようこそ! 50年前の丹沢へ』

昭和40年、丹沢は「丹沢・大山国定公園」に指定されました。その昭和40年代にスポットをあて、登山の様子や風景を写真・観光パンフレット・新聞記事などとともに紹介します。

  • 日時:平成29年8月1日(火曜日)~8月27日(日曜日)
    午前9時~午後5時 (入館は4時30分まで)
     (注)8月26日(土曜日)は、講演会のため、午前中は見学できません。
  • 場所:当館映像室
  • 入場料:無料

    写真1

    写真2

    写真3

春季特別展  『昭和の秦野 -暮らしと道具展-』

昭和30年代を中心に、生活に使用された家電製品・道具・玩具、暮らしの様子を写した写真などを展示します。
昭和の秦野に、そして子どものころに戻って見ませんか。

  • 日時:平成29年4月1日(土曜日)~6月30日(金曜日)
    午前9時~午後5時 (入館は4時30分まで)
  • 場所:当展示館ミュージアムプロムナード
  • 入場料:無料

三輪車と子ども扇風機電話機3台

 


2016年(平成28年)度

秋季特別展

『遺跡・遺物が語る!かながわ・秦野の歴史2016』

秦野市を中心とした神奈川県西部の新東名関連の発掘調査の成果について展示を行います。

  • 主催:
    公益財団法人かながわ考古学財団
    秦野市教育委員会
  • 共催:
    国土交通省関東地方整備局横浜国道事務所
    中日本高速道路株式会社東京支社秦野工事事務所

「寺山中丸遺跡」「蓑毛小林遺跡」「横野山王原遺跡」「柳川竹上遺跡」「(仮称)三廻部東耕地遺跡」等の市内遺跡をはじめ、伊勢原市など県西部16遺跡の調査成果について、出土品や写真パネルなどで紹介します。

  • 日時:平成28年10月4日(火曜日)~11月27日(日曜日)
  • 場所:当展示館ミュージアムプロムナード
  • 入場料:無料

柳川竹上・埋甕出土
<柳川竹上遺跡・埋甕出土状況>

蓑毛小林遺跡
<蓑毛小林遺跡・発掘状況>

柳川竹上
<柳川竹上遺跡出土縄文土器>

秦野市指定文化財特別公開

平成28年度 秦野市指定文化財特別公開

『ニホンオオカミの頭骨』展示

秦野市指定文化財特別公開に伴い、当展示館では指定文化財の『ニホンオオカミの頭骨』(個人蔵)を展示します。

  • 日時:平成28年10月28日(金曜日)~11月3日(木曜日)
  • 場所:当展示館1階ホール
  • 入場料:無料

ニホンオオカミの頭骨

はだの史・発見展

絵図で見る江戸・明治時代の秦野

秦野市が所蔵している実物の絵図(古地図)16点を展示し、江戸・明治時代の秦野の姿を紹介します。また、現在の空中写真も同時展示します。現在の地形や景観と比較することができます。

  • 日時:平成29年2月7日(火曜日)~3月12日(日曜日)
    午前9時~午後5時(入場は4時30分まで)
  • 場所:当展示館 映像室
  • 入場料:無料

曽屋村絵図
曽屋村絵図 天保6年(1835)

山の日記念『丹沢登山昔むかし-大正~30年代』

平成28年8月11日は国民の祝日「山の日」です。当館では「山の日」を 記念し「はだの史・発見展」を開催します。

この展示では、大正から昭和30年代にかけての丹沢登山の様子を撮影した写真やスライドをパネルで展示します。また観光パンフレツトや山岳雑誌のオリジナルを展示します。

当時実際に使用されていた登山用具は触ることができるように展示します。昔の登山用具の重さや素材を体感してみてください。

  • 日時:平成28年7月21日(木曜日)~8月28日(日曜日)
  • 場所:当展示館映像室
  • 入場料:無料

ヤビツ峠

春季特別展

『秦野の歴史2016』

歴史を学び始めた小学生を対象に、市内各地から出土した遺物を時代ごとに展示し、遺跡や遺物からたどる

地域の人々の暮らしの変遷をわかりやすく解説します。

  • 日時:平成28年4月19日(火曜日)~6月26日(日曜日)
  • 場所:当展示館ミュージアムプロムナード
  • 入場料:無料

春季特別展2016

刀小
<直刀(ちょくとう)・刀子(とうす)・鍔(つば )>

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市民部 生涯学習文化振興課 文化財・市史担当
電話番号:0463-87-9581

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?