コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 生涯学習・スポーツ・文化財 > 公民館 > 秦野市の公民館 > 秦野市立西公民館 >催し物の報告(西公民館)

催し物の報告(西公民館)

問い合わせ番号:10010-0000-1670 更新日:2017年12月16日

シェア

12月14日 おもてなし料理教室   

  おもてなし料理完成 お料理を前に楽しくおしゃべり

今日のメニューはスタッフドサンド、ゆで鶏のごまドレッシング、海老の道明寺揚げ、パプリカのサケ缶チーズ焼き、レアチーズケーキでした。どれも手早く作り上げることができ、その分、ゆっくりと食事をしました。ゆで鶏は胸肉を使い、ゴマドレッシングの中にはもろ味味噌を入れました。コクのあるドレッシングでさっぱりとした鶏肉との相性が抜群でした。どの料理もおいしく、参加者の方々はお喜びでした。

12月9日 折り紙オブ・ジェ教室

    

 折り紙とは、紙を折って動植物や生活道具の形を作る日本伝統の遊びです。折り紙オブジェ教室では、おめでたいお正月に向けの寿鶴や、来年の干支である戌を綺麗な和紙を使って折りました。最後には2つの鶴のくちばしを繋げた連鶴に挑戦し、短い時間を楽しく過ごしました。

12月9日 えとの印を彫ろう

   

「戌」年の年賀状書きに役立つ ゴム印(消しゴムで)を講師の説明を聴きながら熱心に彫られました。

12月8日 本の会「私の読書2017年」 

12月の本の会は、「私の読書2017」と題して今年一年を振り返り、話題になった本・印象に残った本・マイブームになっている作家や本を各々お話していただきました。また 今世界のニュースでとりあげられている”エルサレム”に関連して阿刀田高著の「旧約聖書を知っていますか」「新約聖書を知っていますか」「コーランを知っていますか」の3冊を薦められました。参加者の方からに西公民館の本の会とブック展で取り上げた作家や作品が、ひとつのきっかけとなり、今まで全く見向きもしなかった分野の本を読むことができました。とのお声をいただきました。情報の交流・発信も場として、来年も多く方のの参加をお待ちしております。 

11月29日 はだの里やまめぐりハイキング 矢名地区編

    

晩秋の空海ゆかり郷を散策し、郷の自然・史跡に風景を楽しむハイキングコースでした。天気もよく汗ばむ陽気でした。参加者は健脚な方が多いのですが、杖を突きながら歩く高齢者もおられました。また後半ではシャツ1枚になり歩いている方もおられました。途中険しい上り下りもあり、大変なところもありましたが、けがもなく無事全員で下山できました。 前田夕暮生誕地、長福寺の奥の洞窟、矢名八幡宮に寄って3山(弘法山・権現山・浅間山)の尾根コースを登り、権現山の頂上で昼食をとり、秦野河原町方面へ降り、秦野駅前で解散しました。田村講師から河原町周辺は京都の地形に似ていて、地名や史跡の名称も同じような名前がつけらているとお話を聞かされて興味をそそらえました。その資料を上記の右側の写真に掲載しましたので拡大して見てください

11月11日 西の女性交流会「ストレッチ体操」

  

具体的な身体の各部と運動との関連性の説明を講師から聴き、手足を動かしては頷いていました。朝一番の運動で徐々にほぐれていく実感がユーモアあふれる説明と相まって、皆さん大きく笑いながら納得されていました。終わるころには、皆さん和気あいあいになっていました。

11月10日 本の会「山本周五郎」

山本周五郎の本

11月の本の会は今年没後50年にあたる「山本周五郎」をテーマにして行われました。『青べか物語』『さ ぶ』『赤ひげ診療譚』『雨あがる』『小説日本婦道記』等の作品を紹介していただきました。周五郎作品のなかにはドラマ化や映画化された作品も多く、かつて観た映像の思い出や小説の舞台となった場所を訪れた時のお話をしてくださった方もいられ、とても和わらかな時となりました。「山本周五郎作品は古いということはなく、特に『小説日本婦道記』は現代女性の皆さんにも読んでいただきたい」と薦めていられました。

11月1日 ブラックシアター「大工と鬼六、あひるのホテル」

                              

秋晴れの中、西公民館では初めてのブラックシアターに33組の親子が集まりました。「おはなしポッケ」のテーマソングが始まると、身体を左右にふってリズムに乗る子もいて、楽しい雰囲気が広がっていきました。部屋の照明が消されても、お母さんのそばにいる安心感からか、泣きだす子もなく楽しんでくれました。

10月8日 西地区ふれあいまつり

ふれあいまつり西中学校の吹奏楽の演奏  模擬店は大賑わいでした 

西中学校と西公民館を会場に、西地区ふれあいまつりが行われました。天候にも恵まれ、大勢の方がいらっしゃいました。西公民館の二階の多目的ホールでは西中の吹奏楽の演奏をはじめ、子どもたちの演技、他にも各自治会からのいろいろな出し物があり、多くの方が楽しんでいられました。一階の廊下や室内には西地区の幼稚園・小学校・中学校の子どもたちの作品が展示され、親子で見に来られていました。また、駐車場の模擬店のかき氷の店は長い列ができるほど、賑わっていました。

10月12日 西の女性交流会(そば打ち)

  

新しい参加者を迎え、講師の指導で手打ちそば作りを楽しみました。なすとさつまイモの天ぷら、玉ねぎと人参のかき揚、即席漬物、きのこ入りつゆ、豊富な薬味で女性が喜ぶヘルシーメニューでした。調理も食事も終始、笑顔いっぱいでできたのは「手打ちそば」の効能だったのでしょうね。

10月13日 本の会「司馬遼太郎」

10月の本の会のテーマは「司馬遼太郎」でした。乃木将軍を扱った「殉死」、中国を舞台に対称的リーダー像の二人の歴史小説「項羽と劉邦」、靖国神社に像がある大村益次郎の波瀾の生涯を描いた「花神」などが紹介されました。今まで司馬遼太郎をあまり読まなかった方も、今回の話をきいて紹介された本を借りたり、予約をする方もいました。最近読んで本では「観応の擾乱」「9プリンシプルズ」などが紹介されました。 

10月5日 季節の歌声サロン

 

秋日和の一日、楽しい時間を過ごしました。はじめは遠慮がちに声を出していた人もだんだん歌っていくうちに大きな声で歌うようになりました。小さな秋のときに、楽器で、自分が好きなところでリーン、リーンと鳴らし、歌に合わせて虫の音がきれいに重なりました。ティータイムの後はみんな、声が出て素敵なハーモニーが響きました。帰る頃には参加者の方々のお顔もほぐれ、箱根八里の難しい歌詞を考えながら歌いました。 

9月27日 はだの里やまめぐりハイキング 上地区編

 

今回は 上地区をめぐり、自然そして秋へのよそおいを楽しみ民族に触れ、移り行く息吹を感じるコースでした。各集落にはいる路傍には道祖神があり、それについて講師が説明をしている傍らで石仏をスケッチされている方もいられてゆったりとした散策をすることができました。1枚目の写真は観音院:山号 尊仏山で 住職より上地区の歴史や寺院の説明を受け、貴重な古文書を見せていただいているところです。2枚目は上地区で有名な長屋門の前で田村講師の説明をうけているところです。 

9月21日 女性セミナー(3)和布とそろばん玉のコラボネックレス

 

女性セミナー第3回は和布とそろばん玉を利用した、ネックレス作りを行いました。和布で作った小さな飾りとそろばん玉とビーズを交互に配置し、すてきなネックレスが出来上がりました。予定より早く完成し、応用編をいろいろ教えていただきました。出来上がったネックレスを身につけて帰えられました。

9月10日 西の女性交流会「十五夜まんじゅう作り」

 

若い世帯では、十五夜などの歳時記行事は行われなくなった咋今。おうちでは、洋菓子作りは経験ある子どもたちも、ご年配の婦人から教わる昔ながらの饅頭(和菓子)作りに、興味しんしん楽しんで取り組んでいました。完成品を美味しそうに食べる子どもたちを目を細めて見入る大人の姿に感動でした。

9月8日 本の会 「北原 白秋」 

北原白秋作品 詩集と童謡集 

9月の本の会のテーマは「北原白秋」でした。白秋の代表作「雀の卵」・白秋と与謝野寛、太田正雄、平野万里、吉井勇の五人で島原を訪れた紀行文の「五足の靴」・瀬戸内晴美著の「ここ過ぎてー白秋と三人の妻」などの本が紹介されました。また、白秋の出身地の柳川の城主で“日本無双”と言われた立花宗茂と妻の闇千代の話も出ました。他にも最近読んだ本として「満願」米澤穂信著・「ホサナ」町田康著・「モチベーション・マネージメントの真髄」小笹芳央著などの本が紹介されました。

8月16日・23日子どもフリーテニス教室新着

  フリーテニスの練習風景 フリーテニスの練習試合の様子

夏休みの2日間を使い、フリーテニス教室を開きました。小学校1年から6年生までの12名の子どもたちが先生方の指導のもとにフリーテニスを体験しました。フリーテニスは卓球のラケットを少し大きくした専用のラケットでやわらかいボールを打ち合います。ラケットが軽いので、初心者から楽しむことができます。この教室ではサーブの打ち方から始め、先生方に相手をしていただきラリーの練習をしました。二日目は練習試合を行い、参加者全員で真剣に取り組みました。フリーテニスの楽しさが実感できました。

8月11日 本の会「石原慎太郎」

石原慎太郎の本

8月の本の会のテーマは 「石原慎太郎」でした。作家として多くの作品の中から 『天才』 『弟』『老いてこそ人生』 『太陽の季節』等が紹介されました。その中で芥川賞受賞作品で ブームを起こした『太陽の季節』は、皆様その時代を振り返り、思い出話に花が咲きました。ある方は「昔読んだ本ですが、この会で新鮮さ感じ、改めてもう一度読んでみたいとおもいます。」と言っておられました。 

7月28日 女性セミナー和布のギャザリングミニポーチ作り

講座の様子 ていねいに重要なポイントを説明しています 出来上がった作品 

冨田先生を迎え、第2回女性セミナーとして、和布のギャザリングミニポーチ作りを実施しました。円形にカットした和布を縫い縮めてポーチの形にします。切り口にバイヤスにした和布を縫いつけ、ファスナーをつけます。一つ一つの作業が細かい針仕事でしたが、暑い中、16名の参加者が熱心に取り組みました。できたものは小さくて、手のひらにのるようなかわいいポーチです。手がかかりましたが、完成することができました。

 7月27日 夏休み子ども工作教室

 

 

午前と午後の2回実施でしたが、子どもたちは講師のアドバイスを良く聴き、無地のうちわいっぱいに夏らしい絵を描きました。世界で一つだけのマイうちわを手に、残る1カ月余りの夏休みを謳歌しよう!!と帰路につきました。 

11月4,18日 やまなみ囲碁道場 後期

やまなみ囲碁道場1 囲碁をしている様子

今月から娘さんとお父さんが一緒に新規参加されました。ほほえましいことです。本人いわく初心者ですとのこと。 道場では手本を用意して、レベルごとに各講師がついて囲碁の手ほどきをします。 又 小学生の女子も増えてて囲碁をなごやかに楽しんでおられます。 多数の方の参加を歓迎します。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市民部 生涯学習文化振興課 西公民館
電話番号:0463-88-0003

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?