コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 税金 > 市税に関連する情報 >市県民税と所得税の違い

市県民税と所得税の違い

問い合わせ番号:10010-0000-0230 更新日:2012年2月15日

シェア

 

前年所得課税と現年所得課税

 

前年所得課税と現年所得課税

市県民税

所得税

前年所得課税

平成28年中(平成28年1月1日~同年12月31日)の所得に対して、翌年の6月以降(平成29年度)に課税されます。

現年所得課税
退職所得については、支払の時に課税されます。

現年所得課税

その年の課税になります。
 

 

均等割の有無

 

均等割の有無

市県民税

所得税

市民税3,500円

県民税1,800円

市県民税の均等割に当たるものはありません。
 

 

所得控除額

各控除額が異なります。

注:各控除額については、所得控除除の種類のページをご覧ください。

税率

税率

市県民税

所得税

市民税6%

県民税4.025%

比例税率:所得金額に関係なく税率は一律。

5%、10%、20%、23%、33%、40%、45%の7段階超過累進税率:課税標準を段階に区分して、上の段階に進むほど高い税率が適用。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:財務部 市民税課 市民税担当
電話番号:0463-82-5130

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?