コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 入札・契約 >電子契約の実証実験を実施

電子契約の実証実験を実施

問い合わせ番号:16637-4449-4719 登録日:2022年9月28日

シェア

令和4年9月28日公告分から電子契約を実施

秦野市では、来年度以降に電子契約の導入を検討しているため、導入に向けての実証実験を実施します。

電子契約とは書面に押印した物理的な契約書の作成をもって契約の成立・担保をするのではなく、電子技術を用いて、電子署名(本人確認証明)を付与した「契約書の電子データ」の作成をもって法的に有効な契約書として成立させるものです。

電子契約を導入するメリット

電子契約を導入するメリットとしては、契約締結までの時間短縮(印刷・製本が不要、郵送・来庁が不要)、費用の削減(印紙代、コピー代等が不要)ができます。

実証実験の方法

実際の契約案件の落札者に協力していただき、紙の契約書による正式な手続きと並行して電子契約(模擬契約)を行い、受注者・発注者双方の業務の効率化や課題等を検証します。

電子契約システムの手続き方法(PDF/2MB)

実証実験の実施期間

令和4年10月から同年12月末まで(予定)

電子契約サービス提供事業者

GMOグローバルサイン・ホールディングス株式会社

このページに関する問い合わせ先

所属課室:総務部 契約検査課 契約担当
電話番号:0463-82-5126
FAX番号:0463-82-5242

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?