コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 観光情報 > 里山林・森林セラピー >ドローンによる森林状況の調査を行います

ドローンによる森林状況の調査を行います

問い合わせ番号:16310-6210-6098 更新日:2021年9月16日

シェア

ドローン飛行情報

近年拡大しているナラ枯れ被害等の調査のため、弘法山公園周辺でドローンを飛行させます。

安全運航に努めて実施いたしますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

飛行日時

9月13日(月曜日)から24日(金曜日)のうち3日程度

午前9時から午後5時のうち5時間程度

飛行場所

弘法山公園上空

飛行目的

公園内のナラ枯れ等の森林調査

被害状況を把握し、危険木の伐採等を実施します。

飛行高度

地表から高度250メートル 国土交通大臣許可済

施工者

秦野市森林組合・株式会社JDRONE

発注者

秦野市 環境共生課 

チラシ 周辺住民の方へ(PDF/965KB)

ナラ枯れとは

カシノナガキクイムシが媒介する「ナラ菌」によって、コナラやミズナラ等のナラ類やスダジイやマテバシイ等のシイ・カシ類が集団的に枯れる被害です。

  カシナガ

猛毒キノコに注意してください

猛毒キノコ「カエンタケ」 は、「ナラ枯れ」が発生した森林において、多く発生することが確認されています。

「カエンタケ」の毒性は非常に強く、誤って食べてしまうと死に至る可能性があるため、大変危険です。

また、触れるだけでも皮膚の炎症をひき起こしますので、発見しても絶対に触れないでください!

カエンタケ 

ナラ枯れ被害カエンタケ

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境共生課 森林里山担当
電話番号:0463-82-9631

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?