コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 保険・年金 > 国民年金 >年金生活者支援給付金

年金生活者支援給付金

問い合わせ番号:16299-5500-2469 登録日:2021年9月7日

シェア

年金生活者支援給付金は、公的年金等の収入やその他の所得額が一定基準以下の年金受給者の生活を支援するために、年金に上乗せして支給されるものです。

受け取りには請求書の提出が必要です。

ご案内や事務手続きは、日本年金機構(年金事務所)が実施します。

年金生活者支援給付金制度について(厚生労働省ホームページ)

老齢(補足的老齢)年金生活者支援給付金

支給要件

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

1 65歳以上の老齢基礎年金受給者であること。
2 前年の年金収入額とその他の所得の合計額が881,200円(※1)以下であること。
3 請求する人の同一世帯員全員の市町村民税が非課税であること。

(※1)毎年度改定されます。

給付額(令和3年度)

月額 5,030円×保険料納付済期間÷480月

保険料免除期間を有する方については、保険料免除期間に基づく給付額を合算した額が支給されます。

障害年金生活者支援給付金

支給要件

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

1 障害基礎年金受給者であること。
2 前年の所得が4,721,000円(※2)以下であること。

(※2)扶養親族等の人数に応じて増額されます。

給付額(令和3年度)

障害等級2級の方 月額 5,030円
障害等級1級の方 月額 6,288円

遺族年金生活者支援給付金

支給要件

以下の要件をすべて満たしている必要があります。

1 遺族基礎年金受給者であること。
2 前年の所得が4,721,000円(※2)以下であること。

(※2)扶養親族等の人数に応じて増額されます。

給付額(令和3年度)

月額 5,030円(※3)

(※3)2人以上の子が遺族基礎年金を受給している場合は、上記金額を子の数で割った金額(50銭以上は切り上げ)がそれぞれに給付されます。

請求手続き

新たに年金生活者支援給付金をお受け取りいただける方

新たにお受け取りの対象になる方には、日本年金機構から8月下旬ころから、請求可能な旨のお知らせを送付します。

お知らせに同封されているはがき(年金生活者支援給付金請求書)に必要事項を記入のうえ提出してください。

令和4年1月4日までに請求手続きが完了された方は、令和3年10月分からさかのぼって受け取ることができます。

※通常は、請求された翌月分から受け取ることができます。

年金生活者支援給付金のご請求でお困りのときは、「給付金専用ダイヤル」にお電話ください。
「給付金専用ダイヤル」:0570-05-4092 

年金を受給しはじめる方

年金の請求手続きとあわせて年金生活者支援給付金の請求手続きをしてください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:福祉部 国保年金課 国民年金担当
電話番号:0463-82-9614

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?