コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 住まい > 住環境 > 市街地整備 >秦野SAスマートインターチェンジ周辺土地利用

秦野SAスマートインターチェンジ周辺土地利用

問い合わせ番号:16028-1045-0971 更新日:2020年10月20日

シェア

秦野SAスマートICを活かした周辺土地利用構想

 新東名高速道路の伊勢原大山ICから(仮称)秦野ICまでの区間は、令和3年度の開通に向け、現在、工事が進められ、秦野SAスマートICは、本線と同時開設を予定しています。

 秦野市では、平成26年7月に「秦野SAスマートICを活かした周辺土地利用構想」を策定し、スマートICと中心市街地を結び地域の基軸となる新たな「都市計画道路」と浸食等により荒廃している「矢坪沢」の整備を計画しています。

 秦野SAスマートICを活かした周辺土地利用構想

矢坪沢の整備

矢坪沢整備の目的

 令和元年5月に開催した北地区を対象とした説明会で説明していますが、秦野SAスマートICのアクセス道路から、中心市街地を結び地域の基軸となる新たな都市計画道路を整備するとともに、新たに整備する都市計画道路に隣接し、砂防指定地(注1)である矢坪沢をあわせて整備し、大雨時の法面崩壊や、流失した土砂や倒木による水路の閉塞等の災害を防ぐことを目的として、整備を計画しています。

整備資料(PDF/2MB)
北公民館のロビーの展示スペースでも同様のものを掲示しています。

矢坪沢矢坪沢の枯れ枝
現在の矢坪沢の状況

注1:砂防指定地とは【国土交通省HPより】

 砂防法第2条に基づき、治水上砂防のための砂防設備を要する土地または一定の行為を禁止し若しくは制限すべき土地として、国土交通大臣が指定した一定の土地の区域です。
 砂防指定地の指定を要する土地(区域)の主なものは、以下のとおりです。

(1) 渓流若しくは河川の縦横浸食または山腹の崩壊等により土砂等の生産、流送若しくは堆積が顕著であり、または、顕著となる恐れのある区域

(2) 風水害、震災等により、渓流等に土砂等の流出または堆積が顕著であり、砂防設備の設置が必要と認められる区域

国土交通省HP 砂防指定地について

ご意見、ご質問がある方はページ下記お問い合わせフォームからお願いします。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:都市部 都市整備課 インター周辺整備担当
電話番号:0463-82-5241
FAX番号:0463-82-7410


所属課室:都市部 まちづくり計画課 都市計画担当
電話番号:0463-82-9643
FAX番号:0463-82-7410

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?