コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ごみ・環境 > 地下水保全(秦野名水) > 秦野名水を「守る」取り組み >既存源泉の保護について

既存源泉の保護について

問い合わせ番号:15995-4247-3173 登録日:2020年9月9日

シェア

 神奈川県温泉保護対策要綱(昭和42年9月1日施行)により、鶴巻地区の一部が温泉準保護地域に指定されています。
 温泉準保護地域内において、地盤掘削を伴う環境創出行為を行う場合、秦野市まちづくり条例施行規則第42条第1項(5)により、温泉保護のための対策等について、市と協議することとしています。

 協議については、「既存源泉保護に関する事前影響調査指導の運用基準」により行います。

 既存源泉保護に関する事前影響調査指導の運用基準(PDF/1MB) 

 温泉準保護地域内で環境創出行為に該当しない工事を行う場合についても協議が必要となる場合がありますので、地盤掘削を伴う工事を行う場合は、事前に市へ相談をしてください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境共生課 秦野名水担当
電話番号:0463-82-9618

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?