コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 防災・安全・安心 > 交通安全 > 交通安全対策 >あおり運転の罰則強化が6月30日より施行されます

あおり運転の罰則強化が6月30日より施行されます

問い合わせ番号:15927-9156-5266 登録日:2020年6月26日

シェア

 近年、他車に対する嫌がらせ、あおり運転が社会問題となっています。東名高速道路や常磐道でのあおり運転ではニュースでも連日取り上げ採り上げられ、死亡事故にまで発展した事例が発生しています。警察庁が実施したアンケート調査によると、過去1年以内にあおり運転を経験したことがある被害者はアンケート回答者の35%に及ぶとの事です。

 道路交通法改正により、あおり運転は厳しく罰せられる事になりました。通行妨害目的とした運転は大変危険です。時間と気持ちに余裕をもって運転をお願いいたします。

道路交通法改正による「妨害運転(あおり運転)」の罰則強化

令和2年6月30日より道路交通法改正により妨害運転の罰則が強化されます

(1)妨害運転(交通の危険のおそれ)

他の車両等を通行妨害目的で、交通の危険を生じる事が予測できる行為をした場合に適用(同乗者が妨害行為をそそのかした場合も処分の対象となります)

あおり運転の定義として、以下の10項目が定められました。

  • 通行区分(左側通行)違反
  • 車両距離を詰めた運転
  • 急ブレーキをかける
  • 不必要なクラクション
  • 急な進路変更(割り込み行為)
  • ハイビームによる威嚇の継続
  • 乱暴な追越し
  • 左からの危険な追越し
  • 幅寄せや蛇行運転
  • 高速道路での最低速度違反や駐停車
(1)妨害運転(交通の危険のおそれ)の罰則
3年以下の懲役又は50万以下の罰金
違反点数25点

運転免許取消し(欠格期間2年)

ただし、前歴や累積点数がある場合には最大5年

(2)妨害運転(著しい交通の危険)

妨害運転(交通の危険のおそれ)の罪を犯し、高速自動車道等で他の自動車を停止させた場合や、その他の道路における著しい交通の危険を生じさせた場合に適用

(2)妨害運転(著しい交通の危険)の罰則
5年以下の懲役又は100万以下の罰金
違反点数35点

運転免許取消し(欠格期間3年)

ただし、前歴や累積点数がある場合には最大10年

あおり運転のイラスト

このページに関する問い合わせ先

所属課室:くらし安心部 地域安全課 交通安全担当
電話番号:0463-82-9625

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?