コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て >新型コロナウイルス感染症による臨時休園期間中に認可外保育施設等を併用した場合の利用料の取扱い

新型コロナウイルス感染症による臨時休園期間中に認可外保育施設等を併用した場合の利用料の取扱い

問い合わせ番号:15905-4649-4459 登録日:2020年5月27日

シェア

 保護者の皆様

 幼児教育・保育無償化では、利用する幼稚園の預かり保育の実施日数等が十分でない場合(年間開所日数が200日未満等)に限り、利用する幼稚園の預かり保育のほか、認可外保育施設等(対象施設は裏面を御確認ください。)の利用も、無償化の対象となります。

 新型コロナウイルス感染症の拡大により、国は臨時休園によって預かり保育の実施日数が200日を満たさなくなった場合には、施設の所在市町村が公示することで認可外保育施設等の利用も無償化の対象とする取扱いとしました。

つきましては、上記に該当し、対象期間中に認可外保育施設等を利用される場合は、指定の期日までに請求の手続きを行ってくださいますようお願いします。

認可外保育施設等の併用が可能な施設及び対象期間

施設・事業の設置者または施設・事業を所管する市町村へお問い合わせください。

(市内の施設・事業は「幼児教育・保育無償化」のページをご確認ください。)

対象者

認可外保育施設等の併用が可能な施設に在籍し、施設等利用給付2号認定を受けている児童

支給額

施設へ保育料として支払った額(預かり保育料と合わせた月額上限額が11,300円)が無償となります。

請求方法

認可外保育施設等を併用した場合の無償化となる費用の請求方法(PDF/414KB)をご確認ください。

請求書

請求様式(見本・令和2年度分)(Excel/134KB)

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 保育こども園課 保育・給付担当
電話番号:0463-82-9606

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?