コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > ごみ >新型コロナウイルス感染症の影響で発生する未利用食品の活用促進

新型コロナウイルス感染症の影響で発生する未利用食品の活用促進

問い合わせ番号:15891-7041-3774 更新日:2020年5月13日

シェア

秦野市では可燃ごみ減量に向けて、草木類の分別収集、分別の徹底、生ごみの減量及び事業系ごみの減量に取り組んでいます。

つきましては、ごみの減量にもつながる未利用食品の有効活用に関する農林水産省の取組を紹介します。


農林水産省では、新型コロナウイルス感染症の影響で発生する未利用食品について、新たな販路の確保やフードバンクへの寄附を通じて、食品として有効活用する取組を推進しています。

現在の感染症に係る情勢を踏まえ、これらの取組を更に幅広く展開します。

  • 未利用食品の販売を促進するビジネスの活用推進
  • 未利用食品についてのフードバンクへの情報提供の推進
  • 学校給食の休止に伴う未利用食品活用緊急促進事業の継続実施

詳しくは農林水産省ホームページから御確認ください。

新型コロナウイルス感染症の影響で発生する未利用食品の活用促進について~新たな販路の確保やフードバンクへの寄附の推進~


<内容に関するお問合せ先>

農林水産省 食料産業局 バイオマス循環資源課食品産業環境対策室
電話番号:03-6744-2066
ファックス番号:03-6738-6552


このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境資源対策課 資源化推進担当
電話番号:0463-82-4401

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?