コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 防災・安全・安心 > 新型コロナウイルス感染症について > 窓口等の対応・手続き >緊急事態宣言に伴う戸籍住民課窓口の体制

トップページ > くらしの情報 > 届出・証明・相談 > 窓口 >緊急事態宣言に伴う戸籍住民課窓口の体制

トップページ > こんなときには > 引越し・住まい > 引越し(転入・転出) >緊急事態宣言に伴う戸籍住民課窓口の体制

トップページ > よくあるご質問 > 引越し >緊急事態宣言に伴う戸籍住民課窓口の体制

緊急事態宣言に伴う戸籍住民課窓口の体制

問い合わせ番号:15871-0768-0617 更新日:2020年5月8日

シェア

戸籍住民課窓口におきましては、新型コロナウイルスの感染拡大防止と、職員に感染者が出た場合の濃厚接触者数を極力減らし、
業務の停滞を回避することを目的として課を2班に分けた交代制勤務を行っています。

実施期間:令和2年4月20日(月曜日)から令和2年5月30日(土曜日)まで

注:今後の状況によっては期間を延長する可能性があります。

窓口の混雑が予想されます

この勤務体制の実施により、窓口でお待ちいただく時間が通常よりも長くなってしまうことが予想されます。

現在、特別定額給付金に関連して住所の異動手続き・マイナンバーについてのお問い合わせや、お手続きでご来庁される方が大変増えており、窓口で60分以上お待ちいただく日もあるような状況です。

不要不急のご来庁は避けていただき、窓口にお越しいただく際はお時間に余裕をもってご来庁ください。

ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

連絡所で一部の証明書が発行できます

市内12か所の連絡所におきましても、
戸籍全部事項証明(秦野に本籍がある方のみ)・住民票(マイナンバー入り・住民票コード入りを除く)・印鑑証明書税務証明の取得が可能です。

注:住所異動手続き(転出入・転居)、戸籍届出(出生届・死亡届・婚姻届等)、マイナンバーカードの申請・受け取り・更新のお手続きは、本庁舎1階戸籍住民課窓口のみの取り扱いとなりますのでご注意ください。

よくあるお問合せ

マイナンバーに関して

特別定額給付金申請に関するマイナンバーカードのよくあるお問い合わせをご覧ください。

戸籍届出に関して

転籍届

「本籍地を住所と同じところに移動させたい」というお問い合わせが増えています。

手続きに必要な書類
転籍届書 転籍届には戸籍筆頭者及び配偶者の署名・押印が必要になります。
戸籍謄本
(他市町村⇔秦野への転籍の場合)
秦野市内で本籍を動かす場合は戸籍謄本は不要です。
本人確認書類 運転免許証、マイナンバーカードなど。来庁者の本人確認をさせていただきます。
認印 転籍届には戸籍筆頭者及び配偶者の署名・押印が必要になります。
  • 転籍は戸籍ごとに届出が必要です。同じ戸籍にいる人は筆頭者と配偶者が届出することによって 本籍が変更になりますが、別の戸籍にいる人には影響しません。
  • 戸籍筆頭者及び配偶者が既に除籍になっている場合は転籍届を出すことができません。
  • 他市町村⇔秦野へ転籍することによって、転籍前の戸籍で既に除籍になった事項ついては転籍後の戸籍に記載されなくなります。

住所異動に関して

このページに関する問い合わせ先

所属課室:くらし安心部 戸籍住民課 総合窓口担当
電話番号:0463-82-5127

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?