コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 生涯学習・スポーツ・文化財 > 文化・芸術 > 秦野市立宮永岳彦記念美術館 > 常設展示室 >宮永岳彦が描く四季の花 思い出の花園

宮永岳彦が描く四季の花 思い出の花園

問い合わせ番号:15796-8001-8913 更新日:2020年1月31日

シェア

カレンダー原画 
(カレンダー原画) 

  あなたの思い出の草花は何ですか?

 公園に咲いていたチューリップ。追いかけっこをした野原のタンポポ。母の日に贈ったカーネーション。大好きだった少女マンガに描かれていたバラ。草花はいつも私たちの身近にあって、記憶の奥の優しい思い出を呼び起こす力があります。

  本展示では多才な画家であった宮永岳彦(1919年から1987年)の作品の中から草花の描かれた絵を集めて紹介します。戦後の日本の商業デザインを牽引し、自らの芸術絵画も極めた宮永は美を愛する画家でした。華やかさ、妖艶さ、かわいらしさがそれぞれの作品に描かれ、その表現方法の一つとして草花が描きこまれているものが多くあります。

 宮永の描いた、髪に花を飾った女性の表紙画や素朴で清楚な花のある童画を見て懐かしく感じる方も多いでしょう。それは過ぎ去った昭和の時代に広告として浸透した作品の記憶だけではなく、草花の持つ力によって導かれたノスタルジックなあなただけの思い出かもしれません。

宮永岳彦が描く四季の花を集めた本展示で、あなたの思い出の花園を見つけてください。

会期

  常設展示室 令和2年2月28日(金曜日)から8月23日(日曜日)

展示作品一例

花園の女
油彩画≪花園の女≫ 1970年

チャイルドブック
『チャイルドブック』1966年3月号表紙原画

 日本橋原画
『日本橋』表紙原画 1982年

馨
油彩画≪馨≫ 1985年

時計
時計

このページに関する問い合わせ先

所属課室:文化スポーツ部 文化振興課 文化交流担当
電話番号:0463-86-6309

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?