コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て >公立幼児教育・保育施設のあり方

公立幼児教育・保育施設のあり方

問い合わせ番号:15794-9568-4378 登録日:2020年1月20日

シェア

公立幼児教育・保育施設のあり方の検討状況

 少子化と多様化する保護者ニーズを背景に公立幼稚園の園児数が減少し続けていることに加え、令和元年10月から幼児教育・保育の無償化が実施されたことを受けて、公立幼児教育・保育施設への影響を懸念しています。
 幼児期は生涯にわたる人間形成の基礎を培う大切な時期であることを踏まえ、教育・保育の質の向上を図るとともに、持続可能な幼児教育・保育環境の整備に向けた検討を進めています。

「公立幼児教育・保育施設のあり方」に関する基本方針【令和2年4月策定】(PDF/165KB)

保護者アンケートの結果

 今後の幼児教育のあり方を検討するに当たり、保護者の考え方やニーズを調査し、その基礎資料とするため、市内の未就学児の保護者を対象にアンケートを実施したものです。

『これからの秦野の幼児教育のあり方』を検討するためのアンケート集計結果_報告書(令和元年度実施)(PDF/686KB)

公立幼稚園のあり方を検討するための保護者アンケート集計結果_報告書(平成22年度実施)(PDF/892KB)

アンケートに御協力いただき、誠にありがとうございました。

(参考)秦野市公立幼稚園運営・配置実施計画

秦野市公立幼稚園運営・配置実施計画【計画期間:平成28年から令和2年】(PDF/633KB)

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:教育部 教育総務課 教育総務担当
電話番号:0463-84-2783

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?