コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 健康・福祉 > 介護保険 > 事業者向け > 指導 >集団指導・実地指導

集団指導・実地指導

問い合わせ番号:15773-4662-1800 更新日:2021年2月18日

シェア

集団指導

 令和2年度介護保険サービス事業者連絡会(集団指導)は新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催を見合わせます。

 資料は下記へ掲載しておりますので、ご確認の上、事業所内での周知をよろしくお願いいたします。 

 なお、今年度については、下記の確認書を提出していただくことで受講したものとみなします。
 複数の施設(事業所)を運営している事業者につきましては、各施設(事業所)ごとに提出していただくようお願いいたします。

 期限内に確認書を提出されない場合は、今年度の集団指導は未受講とみなし、実地指導の優先実施の資料としますので、ご承知おきください。

集団指導資料一覧(1)~(4)

(1) 運営状況点検書

(2) 運営の手引き

注:厚生労働省発出「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて」の内容は反映しておりませんので、ご承知おきください。

注:「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて」の対応をされている事業所については、実地指導を行う際に対応の記録を確認させていただきますので、記録漏れがないようご注意ください。

参考:厚生労働省ホームページ「新型コロナウイルス感染症に係る介護サービス事業所の人員基準等の臨時的な取扱いについて」まとめ

(3) 実地指導 指導事項

 令和2年1月から令和3年1月までに実施した実地指導において、指摘が多かった項目を取りまとめました。

(4) 確認書

 資料を確認いただきましたら、高齢介護課高齢介護計画担当まで、メールか郵送で提出してください。

 確認書(Word/18KB)

 提出期限 令和3年2月26日(金曜日)

実地指導

 本市では、定期的に介護保険事業者に対し、介護保険法第23条及び秦野市介護保険に係る指定地域密着型サービス事業に関する条例施行規則第195条第1項第2号、秦野市介護保険に係る指定地域密着型介護予防サービス事業に関する条例施行規則第91条第1項第2号、秦野市居宅介護支援事業の基本方針等に関する条例施行規則第36条第1項第2号に基づく実地指導を行っています。

指導の実施者

 秦野市指定介護保険事業者に対する実地指導は、指定権者である市が原則として実施します。

 平成31年度(令和元年度)からは、指定市町村事務受託法人に実地指導の一部を委託しております。指定市町村事務受託法人が行う場合は、事務受託法人が各事業所に訪問し、実地指導を行い、その結果について、市が指導通知を送付します。

指定市町村事務受託法人(令和2年度実施分)

 名称:公益社団法人かながわ福祉サービス振興会

 住所:横浜市中区山下町23番地 日土地山下町ビル9階

指導の流れ

指導の流れ一覧
指導実施前

(1)市から実施通知を送付し、実地指導の日程等をお知らせします(正式通知の前に日程調整が行われることもあります)。

(2)実施通知の別紙で指示される運営状況点検書などを作成し、2週間前までに事務受託法人に提出してください。

当日

(1)必要な書類を御用意いただきます。

(2)設備の点検をし、人員や加算、契約書、重要事項説明書、研修記録などの書類を確認します。

(3)最後に指導事項の講評を行って終了となります。

指導実施後

(1)1~2か月を目安に、最終的な指導通知を市から送付します。

(2)指導通知で、助言、口頭指導、文書指導などの指導レベルを示します。

(3)文書指導の場合は最終的な報告書の提出が必要となります。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:福祉部 高齢介護課 高齢介護計画担当
電話番号:0463-86-6583

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?