コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 住まい > 住環境 > 建築 >神奈川県被災住宅耐震性向上事業

神奈川県被災住宅耐震性向上事業

問い合わせ番号:15772-3348-6973 更新日:2019年12月26日

シェア

令和元年台風第15号又は第19号による被災住宅について、屋根補修等の耐震性の向上等に資する補修工事をする方に、神奈川県が費用の一部を支援する制度です。申込みは秦野市で受け付けします。

対象者等

  • 半壊又は一部損壊のり災証明書が交付された住宅の所有者等
    日常的に住んでいる住宅が対象となり、空き家、別荘、セカンドハウス等は対象外となります。
  • 災害救助法に基づく応急仮設住宅・応急修理制度を利用していない方
  • 自らの資力のみでは住宅の補修を行うことができない方
    「資力に係る申出書」により確認します。

対象工事

  • 令和元年9月9日以降に着手したもの。工事が既に完了しているものも対象となります。
  • 損傷した屋根(注1)又は外壁等(注2)について耐震性の向上等に資する補修工事(注3)注1:屋根材(破風板、軒裏を含む)の張替等及び関連工事は対象ですが、雨樋のみの工事は対象外です。
    注2:構造耐力上主要な部分(壁、柱、土台、基礎等)
    注3:「耐震性の向上等に資する補修確認書」により確認します。(建築士又は施工業者による証明が必要)
  • 補助対象となる補修工事に要する費用が10万円以上(税込)であるもの
  • 令和2年2月29日(土曜日)までに補修工事が完了するもの

補助金額

上限額は、30万円(税込)かつ補助対象工事費の20パーセント以内

申請期間

令和2年3月10日(火曜日)まで

4月以降の受け付けについては、決まり次第ホームページ上でご案内します。

注:3月1日以降に補修工事が完了するものも対象となる予定です。

必要書類・様式入手先

必要書類は神奈川県ホームページをご確認ください。様式のダウンロードもできます。

神奈川県被災住宅耐震性向上事業 必要書類(申込様式等)

このほか、建築指導課建築指導担当窓口でも配布しています。

り災証明書の発行については、防災課(0463-82-9621)へお問い合わせください。

よくある質問(Q&A)

よくある質問一覧は、神奈川県ホームページをご確認ください。

神奈川県被災住宅耐震性向上事業 よくある質問

このページに関する問い合わせ先

所属課室:都市部 建築指導課 建築指導担当
電話番号:0463-83-0883

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?