コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 防災・安全・安心 > 交通安全 > 交通安全対策 >ながら運転の罰則が強化されました

ながら運転の罰則が強化されました

問い合わせ番号:15746-4603-2505 登録日:2019年12月3日

シェア

 自動車・自転車の運転中に携帯電話・スマートフォン等を使用していた(いわゆる「ながら運転」)ことから発生した交通事故が増加傾向にあります。(警察庁の統計によると、平成30年中の携帯電話使用等に係る交通事故件数は2,790件で、過去5年間で1.5倍に増加してます。)

 運転しながらの携帯電話・スマートフォン等の注視は、画面に意識が集中してしまい、周囲の危険を発見することができず、重大な交通事故につながりうる行為です。

 「ながら運転」は絶対にやめましょう!

道路交通法改正による「ながら運転」の罰則強化

 令和元年12月1日より、運転中の携帯電話等の使用に係る罰則が強化されます。

詳細については警察署にお問い合わせください

携帯電話使用等(保持)

 運転中に以下の行為等をした場合

  • 携帯電話等を手に持って通話
  • 携帯電話・タブレット・ゲーム機等を手に持って画面を注視
比較
改正前(11月30日まで) 改正後(12月1日から)
罰則:5万円以下の罰金 罰則:6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
反則金
  • 大型:7千円
  • 普通:6千円
  • 二輪:6千円
  • 原付:5千円
反則金
  • 大型:2万5千円
  • 普通:1万8千円
  • 二輪:1万5千円
  • 原付:1万2千円
点数:1点 点数:3点

携帯電話使用等(交通の危険)

 運転中に以下の行為等をしたことにより交通の危険を生じさせる行為をした場合

  • 携帯電話等を手に持って通話
  • 携帯電話・タブレット・ゲーム機等を画面を注視(非保持も含む)
  • カーナビ・カーテレビ等の画面を注視
比較
改正前(11月30日まで) 改正後(12月1日から)
罰則:3月以下の懲役又は5万円以下の罰金 罰則:1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
反則金
  • 大型:1万2千円
  • 普通:9千円
  • 二輪:7千円
  • 原付:6千円
反則金:適用なし
点数:2点 点数:6点(免許停止)

関連リンク

警察庁ホームページ

このページに関する問い合わせ先

所属課室:くらし安心部 地域安全課 交通安全担当
電話番号:0463-82-9625

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?