コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 行政運営 > 公共施設再配置の取組み > 公共施設の利用者負担の適正化 >公共施設の低利用時間帯の有効活用

公共施設の低利用時間帯の有効活用

問い合わせ番号:15743-1127-7979 更新日:2021年3月2日

シェア

 「夜間の稼働率が低い」という公共施設の問題を解決し、同時に秦野市の経営資源として活用することを目的として、平成29年10月から制度化されました。

 現在は保健福祉センター、曲松児童センター、広畑ふれあいプラザの3施設が対象となっています。

令和3年度における利用者募集について

 令和3年度における定期利用者を、令和2年12月15日から令和3年1月15日まで募集しました。
 その結果、各対象施設の利用枠に空きがございますので、利用を希望される方はご相談ください。

募集内容の概要
対象施設・各室の定員

(1)保健福祉センター第2会議室 8名(16名)
(2)広畑ふれあいプラザ学習室1 10名(21名)
(3)曲松児童センター会議室B  9名(18名)
           遊戯室  35名(70名)
           創作活動室 9名(18名)

利用時間 (1)(3)午後5時から10時 (2)午後5時から9時半
利用内容 市民を対象とする学習や教養向上のための講座、教室など
注:営利目的も対象です。
申込み先

市役所本庁舎5階 行政経営課

※ 現在は施設の利用に当たり、新生活様式における感染防止策の徹底にご協力をいただくほか、利用人数を本来定員(カッコ内)の50%に制限しています。

募集要項及び申込書

これまでの取組み

 市民福祉の向上とあわせて、施設にかかるコストの軽減を図るため、平成28年4月から、夜間の時間帯における定期利用(営利目的可)を試行的に実施しました。その結果を受け、平成29年10月から本格実施に移行しています。

試行利用者の募集内容

公共施設の低利用時間帯の有効活用に関する利用者募集要領(PDF/807KB)

試行内容を決定するに当たっての提案の募集及び対話の実施

有効活用を効果的に進めるにあたって、利用ニーズなどの把握が必要であることから、利用者の募集に先立ち、利用を希望する方からの提案を募集し、対話(内容に関するヒアリングと意見交換)を行いました。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:政策部 行政経営課 公共施設マネジメント担当
電話番号:0463-82-5102

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?