コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル >災害ごみの処理

災害ごみの処理

問い合わせ番号:15711-8476-8200 更新日:2020年9月3日

シェア

災害で発生した片付けごみの処理

 災害により被害を受け、家具・家電・畳・瓦など、家の片付けで出たごみ(以下「片付けごみ」という。)の処理方法をご紹介します。

「片付けごみ」はごみ収集場所に出せません

 仮置場では、係員の指示に従い、場内の指定された場所に分別して置いてください。 

「ごみ分別促進アプリ さんあ~る」では、分別カレンダーや収集日のお知らせをはじめ、災害時のごみに関する情報を配信しますので、ご活用ください。ダウンロードの方法は、「関連リンク」のごみ分別促進アプリ「さんあ~る」配信中のページを参照してください。

 分別ができていないと、発火の原因や処理費用が高くなるなど、復旧・復興の遅れにつながることにもなります。

 また、災害に関係ない便乗ごみを出すこともできません。ルールを守って搬入していただくようご協力をお願いします。

片付けごみも分別が必要です!仮置場への搬入ルール

 片付けごみをごみ収集場所に出すと、収まりきらないごみが路上にあふれ交通渋滞を招き、復旧作業に支障をきたす原因となります。また、生活ごみ(生ごみなどの可燃ごみ)と混在してしまうと悪臭や虫が発生するなど衛生上の問題にもつながります。

 片付けごみは、市が開設する仮置場に搬入してください。

仮置場の開設と搬入方法

 市では、被害の大きさ、被災地域、災害廃棄物の量などの状況に応じて、市内に仮置場を開設します。片付けごみは、原則、個人又は災害ボランティアにご協力をいただき、指定の仮置場まで搬入してください。開設する仮置場は、避難所での掲示、防災無線、広報車、ホームページのほか、ごみ分別促進アプリ「さんあ~る」などでお知らせします。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境資源対策課 資源化推進担当
電話番号:0463-82-4401

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?