コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 子育て・教育 > 子育て > 認定こども園・保育園 >保育料の見直し

保育料の見直し

問い合わせ番号:15698-2591-0816 登録日:2019年10月1日

シェア

 秦野市では、保育料の額を国が基準とする額よりも低く抑えることにより、保護者の負担を軽減してきました。現行の保育料は平成12年以降見直しを行わず、県内市の中で最も低い水準になっていますが、その間にも、子育てがしやすいまちを目指し、子育て支援の充実を図ってきました。今後も、子育て世帯全体を対象とした施策をさらに充実させていくため、令和2年度から保育料の見直しを行います。主な見直しの内容は次の2点です。

  1. 年度途中に3歳に達するこどもの保育料について、これまで3歳の誕生日の翌月から3歳以上の保育料に移行していましたが、幼児教育・保育無償化に合わせて、3歳になって迎える最初の4月から適用します。
  2. 0から2歳児の保育料を、県内市の平均値に合わせます。(令和2年度から3年間の経過措置を設け、段階的に3分の1ずつ改定します。)

見直し後の保育料(PDF/35KB)

保育料の見直しによる影響額の例

モデルケース図解

このページに関する問い合わせ先

所属課室:こども健康部 保育こども園課 保育・給付担当
電話番号:0463-82-9606

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?