コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 観光情報 > イベント情報 >秦野たばこ祭

秦野たばこ祭

問い合わせ番号:15001-2501-9407 更新日:2021年7月15日

シェア

 第74回秦野たばこ祭メモリアル事業

先人たちの「葉たばこ耕作」に注いだ情熱を絶やさず、多くの人に「秦野たばこ祭」の伝統を感じることができるよう、またその魅力を発信するため、メモリアル事業を実施します。

  1. 秦野たばこ祭メモリアルキャンペーン
  2. 顔晴ろう秦野!メモリアル打上花火
  3. 葉タバコ耕作と秦野
  4. 秦野たばこ資料展
  5. メモリアルミニらんたん展
  6. 秦野たばこ祭イルミネーション
  7. 秦野たばこ祭メモリアル動画
  8. 秦野たばこ祭メモリアルフリーマガジン
  9. 秦野たばこ祭メモリアル切手

 

秦野たばこ祭メモリアルキャンペーン

memorialcampain

概要

 市内商店等を中心にハッピやのぼり旗、秦野煙草音頭の音源などを貸し出し、掲出することで、秦野たばこ祭の雰囲気を感じることができる空間を創出します。

合わせて、秦野たばこ祭オリジナルメニューの提供や、セールなどの開催で街を盛り上げるとともに、このキャンペーンを広くPRするため、市ホームページや地域情報サイトである「レアリア」の特集ページ、SNSなどで情報発信します。

期間

9月1日(水曜日)から9月30日(木曜日)まで

※祭り開催予定日であった9月25日(土)及び26日(日)のみの実施も歓迎です

キャンペーンへの参加について

参加要件

市内の飲食店、小売店、商店会、団体等

※神奈川県の感染拡大防止対策取組書が掲示してあること

参加申込書

秦野たばこ祭メモリアルキャンペーン参加申込書(word版)(Word/707KB)

秦野たばこ祭メモリアルキャンペーン参加申込書(pdf版)(PDF/448KB)

特設ウェブサイト

https://rarea.events/features/hadano-tabakomatsuri

 

顔晴ろう秦野!メモリアル打上花火

 まほろば花火

概要

 一日も早い新型感染症の収束願うとともに、地域の活性化を目的に打上花火を実施します。 

日時

令和3年9月26日(日曜日)午後7時から10分程度 

※荒天により打ち上げができないと判断した場合、翌週10月3日(日曜日)に延期

打ち上げ場所

権現山及び馬場道を予定

打ち上げ当日は準備のため、弘法山公園の利用ができなくなります。

ご理解とご協力をお願いします。

感染症対策

商業施設の屋上や民地などには集まらずに、自宅付近からの観覧に協力してください。

また、屋外で観覧するときはマスクを着用し、身体的距離を確保してください。

メモリアル打上花火のライブ配信

公式YouTubeチャンネル「はだのモーピク」にてライブ配信を行う予定です。

葉タバコ耕作と秦野

 

 

概要

本市発展尾礎を築いた、葉タバコ栽培の歴史と先人たちの足跡を展示コーナーで紹介します。

時間

午前9時から午後5時まで

会場

はだの歴史博物館(旧桜土手古墳展示館)

秦野たばこ資料展

概要

秦野の葉タバコ耕作や専売公社等の歴史について、所蔵資料や写真パネルを展示し、秦野とタバコの深いつながりを紹介します

期間

令和3年9月11日(土曜日)から9月26日(日曜日)

時間

午前8時30分から午後5時まで

会場

本町公民館

 メモリアルミニらんたん展

概要

中学校等ごとに1つのミニらんたんを作成し、各学校区の駅で展示します。

期間

令和3年9月11日(土曜日)から9月26日(日曜日)

会場

  • 秦野駅 本町中学校、南中学校、南が丘中学校、東中学校、アトリエKAWADO
  • 渋沢駅 渋沢中学校、西中学校、北中学校
  • 東海大学前駅 大根中学校
  • 鶴巻温泉駅 鶴巻中学校

秦野たばこ祭イルミネーション

 

概要

先人たちの「葉たばこ耕作」に注いだ情熱を絶やさず、多くの人に「秦野たばこ祭」の伝統を感じることができるよう、まほろば大橋イルミネーションに加え、新たに祭り会場の周辺の河川敷でイルミネーションを実施します。

期間

9月中旬から12月26日(日曜日)まで

・9、10月 18:00~22:00

・11、12月 17:00~22:00

※新型感染症の状況や近隣イルミネーション施設等を考慮し、点灯時間を短縮する場合があります。

会場

・まほろば大橋(秦野駅北口前)

・秦野橋から平成橋までのみずなし川緑地 

ご協賛のお願い

秦野橋から平成橋までのみずなし川緑地に設置するイルミネーションは、今後も5年程度継続し、長期的なまちのにぎわい創出や観光振興に繋げていきます。

また、イルミネーションの実施に当たり、ご協賛いただける事業者を募集します。

ご協賛いただいた事業者様は芳名看板を作成し、イルミネーション会場で紹介します。

ご協賛いただける事業者様は、観光振興課まで連絡くださいますようお願いします。

御協賛のお願い(PDF/237KB)

「秦野たばこ祭協賛金等」振込金融機関等一覧表(PDF/36KB)

 

 秦野たばこ祭メモリアル動画

 

概要

歴史ある秦野たばこ祭の文化や伝統を継承するため、過去の懐かしい祭りの様子などを編集した動画を作成し、市公式Youtubeチャンネル「はだのモーピク」で公開します。

 

秦野たばこ祭メモリアルフリーマガジン

概要

例年、秦野たばこの広報宣伝を実施している、「ココハダLAB」と連携し、祭りの歴史や祭りへの想い、商店の祭り限定メニューなど、秦野たばこ祭を特集したフリーマガジン「kokohada」を発行します。

発行予定時期

令和3年9月

配架予定場所

市観光振興課、観光協会、市内約400店舗等

 

 秦野たばこ祭メモリアル切手

概要

秦野たばこ祭の歴代の写真をデザインした、オリジナルフレームのメモリアル切手を販売します。

販売場所

市内郵便局(予定)

 

第74回秦野たばこ祭 通常開催中止のお知らせ

令和3年9月25日(土曜日)及び26日(日曜日)に開催を予定していました、第74回秦野たばこ祭は、新型コロナウイルス感染症の影響により、市民や来場者、出演者など、皆様への感染拡大防止策の確実性が担保できず、安全・安心な祭り運営を行うことが困難であることから、開催中止といたします。

なお、今後、本市発展の礎となった「葉たばこ耕作」に携わった先人たちの情熱や秦野たばこ祭の文化や伝統を後世に継承するため、代替事業を実施する予定です。

御理解、御協力いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

 

秦野たばこ祭エグゼクティブアドバイザー(はだのふるさと大使)

秦野たばこ祭エグゼクティブアドバイザー
EISAKU YOSHIDA offcial site

令和元年9月28日(土曜日)、秦野市出身の俳優・歌手の吉田栄作さんに「秦野たばこ祭エグゼクティブアドバイザー」に就任していただきました。

当日は、任命式、トークショー、開会式やオープニングパレードにご参加いただいたほか、打上花火のプログラムに関するアドバイスをいただき、盛大に祭りを実施することができました。

 

たばこ音頭千人パレード

歴史と歌詞

フロート車

煙草耕作の歴史と秦野たばこ祭

煙草耕作の始まり

秦野は古くから煙草の名産地であり、煙草耕作で栄え、発展してきた歴史があります。

秦野における煙草耕作の起源は江戸時代初期までさかのぼるといわれ、江戸後期には秦野葉の名前で広く知られるようになり、後に水府葉、国分葉とともに「三大銘葉」の一つに挙げられるようになりました。幕末から明治にかけて喫煙習慣の拡大や技術改良により、煙草耕作は大きく発展し、大正から昭和にかけて全盛期を迎えました。

煙草耕作の終焉

煙草耕作は水稲作などの何倍も労力がかかり、農繁期には家族総出で作業をしなければならず、高度経済成長以降、第一次産業に従事する人口が減少してくると生産が低調になっていきました。秦野葉は、刻み葉(キセル用)であったため、嗜好の変化から消費量も減少し、昭和49年を最後に秦野から姿を消しました。

その後は、紙巻き煙草用の葉も生産されたものの、昭和59年に秦野で唯一の煙草栽培を行っていた農家が栽培の継続を断念し、秦野の煙草耕作に終止符が打たれました。

 秦野たばこ祭の始まり

秦野たばこ祭は、重労働の絶えなかった煙草耕作者を慰労する祭りとして昭和23年に始まりました。

昭和59年に煙草耕作が300余年の歴史の幕を閉じた後も、祭りは行われ、郷土の歴史と文化、先人たちの情熱が現代に受け継がれています。

 

会場周辺の交通規制並びに新型コロナウイルス感染症対策に、ご理解、ご協力いただき誠にありがとうございました。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:秦野たばこ祭実行委員会事務局(秦野市観光振興課内)
電話番号:0463-82-9648
FAX番号:0463-82-6256

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?