コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 生涯学習・スポーツ・文化財 > 文化・芸術 > 秦野市立宮永岳彦記念美術館 > 常設展示室 >彩と響 2016年2月~2017年3月

彩と響 2016年2月~2017年3月

問い合わせ番号:10010-0000-2102 登録日:2016年7月31日

シェア

会期

常設展示室 2016年8月10日(水曜日)~2017年3月12月(日曜日)

宮永岳彦 彩と響
油彩画≪ラ・カーニャ≫1968年

  洗練された感覚を持ち、時代を走り抜けてきた洋画家・宮永岳彦は多彩な作品を残し、今もなお、人々の心を魅了し続けています。
その中から本展では、バレエやフラメンコといった舞踊をテーマとした連作とともに、音楽に関連した油彩画、童画、表紙画、ポスター、レコードジャケットなど、華麗で優雅な女性美を描いた作品を中心にご紹介いたします。

音楽を全身で表現して生き生きと歌い踊る女性の姿を、情熱を込めて力強く、また、時には柔らかなタッチと色彩で軽やかに描いた作品のどれもが“動き”の一瞬を見事に表現しています。そして、宮永の“動き”に対する関心は一層深まり、後の民族衣装・鹿鳴館・回想のルネッサンス・女性群像シリーズを   経て築き上げた「光と影の華麗なる世界」と称された美人画へと展開します。
見る者の胸をも踊らせるような、躍動感溢れる画力によって描かれた、奔放な筆遣いと大胆に省略された  画面、そして、輝くような美しさと作品が奏でる色彩の響きをご堪能ください。

油彩画≪ファルーカ≫

油彩画≪ファルーカ≫
1969年

油彩画≪白鳥≫

油彩画≪白鳥≫
1967年

油彩画≪馨≫

油彩画≪馨≫
1985年

ぺんてるくれよん

『ぺんてるくれよん』パッケージ原画

このページに関する問い合わせ先

所属課室:文化スポーツ部 文化振興課 文化交流担当
電話番号:0463-86-6309

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?