コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > ごみ・環境 > 自然環境 > 環境学習・自然と遊ぼう > 蓑毛自然観察の森・緑水庵 >緑水庵について

緑水庵について

問い合わせ番号:10010-0000-0488 登録日:2012年3月21日

シェア

緑水庵のご案内

緑水庵とは?

緑水庵

秦野市東地区は宝蓮寺大日堂、源実朝公御首塚、金剛寺など史跡・文化財に恵まれています。

緑水庵は、秦野市今泉に昭和5年に建てられた芦川佐吉氏の住宅(昭和初期の標準的農家)で、平成3年に移築しました。

自然に恵まれたこの地は、史跡探訪、丹沢登山、観光などで訪ねられる方への学習施設・レクリエーション施設として、市外からも訪問客が来ています。

土間

土間

作業空間です。

芦川家では、葉たばこの乾燥やたばこの葉を伸ばす作業などが行われていました。世間話や明日の農作業の話をしながら、夜中にも仕事をしていたかもしれません。ここにある民俗資料は本来ここに置かれたものではありませんが、当時の生活を示すものとして展示しています。

オク

オク

客間です。建設当時は、ここだけに天井が張られていました。

居間

居間

居間です。当時の生活模様を再現するために、家具もそろえています。左に入るとヘヤと呼ばれる家族の寝室に使われた部屋があります。

現在は展示室として自然観察の森にいる草花や鳥を紹介しています。

水車小屋

水車小屋

秦野市は現在も農業が盛んな地域ですが、かつては水車が多く存在し、精米や製粉の機械として、農家や消費者にとって不可欠なものでした。民俗資料や学校の教材として利用できるように、自然観察の森緑水庵のシンボルとして昭和63年に建設しました。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境共生課 環境総務担当
電話番号:0463-82-9618

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?