コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > くらしの情報 > 届出・証明・相談 > 相談 >女性相談室

女性相談室

問い合わせ番号:10010-0000-0288 登録日:2020年5月22日

シェア

  

配偶者やその他親族からの暴力等を理由に避難している方への特別定額給付金について

  国の新型コロナウィルス感染症緊急経済対策によって、基準日(令和2年4月27日)に市区町村の住民基本台帳に記録されている方(基準日以前に、住民票を消除されていた者で、基準日において、日本国内で生活していたが、いずれの市区町村の住民基本台帳にも記録されておらず、かつ、基準日の翌日以後初めて市区町村の住民基本台帳に記録されることとなった方を含む。)を対象に世帯構成員1人につき10万円の特別定額給付金の給付が行われることとなりました。
 しかし、配偶者やその他親族からの暴力、性暴力被害、貧困その他の理由が複合的に重なり避難している方で、事情により令和2年4月27日以前に、お住まいの市区町村に住民票を移すことができない方については、一定の要件を満たした上で手続きを行うことで、住民票のある市区町村ではなく、居住する市区町村において給付金を受給することが可能となります。

 要件や手続きの詳細については市ホームページ「特別定額給付金事業」を御覧ください。

 

    新型コロナウィルスの感染拡大防止の観点から、原則、電話での相談をお願いしておりましたが、令和2年7月6日(月)から、面接相談を再開します。面談を御希望の場合は、今まで通り、電話での事前予約をお願いします。
  緊急の場合も、まずはお電話にてご連絡ください。

 なお、面接は「三密」状態の予防対策を徹底し実施します。予防対策を徹底する観点から、相談者の皆様には、マスクの着用や手指の消毒等積極的な御協力をお願いします。 

 

女性相談室

 夫婦や家族のこと、こころや生き方の問題、夫やパートナーからの暴力(ドメスティック・バイオレンス/DV)などで悩んでいませんか?

一人で抱え込まず、女性相談員にご相談ください。

相談日

毎週月曜日から木曜日、毎月第2土曜日(祝日・年末年始を除く)

(災害時や気象警報発令時等は、臨時で相談をお休みする場合があります。)

相談時間

午前10時から正午まで、午後1時から3時まで

相談形態

  1. 電話相談・・・専用電話0463(83)1812へ直接電話してください。
  2. 面接相談・・・事前予約制《予約受付0463(82)5128市民相談人権課》     

  ※第2土曜日の電話・面接相談は、完全予約制になります。

その他

DVや暴力被害などの緊急の連絡は、秦野警察署生活安全課0463(83)0110へ

 

 

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:くらし安心部 市民相談人権課 市民相談担当
電話番号:0463-82-5128

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?