コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 生涯学習・スポーツ・文化財 > 文化・芸術 > 秦野市文化会館 > 公演スケジュール > 2019年公演 >竹本駒之助の会 人形浄瑠璃 人間国宝の競演 竹本駒之助×吉田和生

竹本駒之助の会 人形浄瑠璃 人間国宝の競演 竹本駒之助×吉田和生

問い合わせ番号:15481-3962-9320 更新日:2019年5月5日

シェア

 

2019年5月6日(月曜日・祝日) 【全席完売しました】

秦野市在住 人間国宝 竹本駒之助が文楽座 吉田和生と競演!!

竹本駒之助 吉田和生

左:女流義太夫 竹本駒之助、右:人形浄瑠璃文楽座 吉田和生

演目

  • 二人三番叟(ににんさんばそう)
  • 良弁杉由来(ろうべんすぎのゆらい)
    東大寺の段 /二月堂の段
  • 釣女(つりおんな)

人形遣いによる人形解説コーナーがあります。

公演チラシ(表)(JPG/1MB)
公演チラシ(裏)(PDF/1MB)

本公演をよりお楽しみいただけるようにプレ講座を実施

  • 日時/2019年4月14日(日曜日) 開演:14:00(開場:13:30)
  • 場所/秦野市文化会館 展示室
  • 料金/入場無料
  • 定員/80名
  • 申込/事前に秦野市文化会館事業協会事務局(電話 0463-81-1211)まで、お申込ください。
  • 講演 「女流義太夫と文楽」 講師 水野悠子(女流義太夫研究家)
    体験 「義太夫節講座」   講師   鶴澤三寿々

女流義太夫 竹本駒之助

淡路島出身。1949年、大阪にて竹本春駒に入門。文楽の諸師匠方に師事。1952年、二代鶴澤三相を相三味線に東京で演奏活動を始める。1953年、豊竹つばめ太夫(のちの四代竹本越路太夫)に師事。1970年、四代竹本越路太夫の女性唯一の門人となる。以降、1999年、重要無形文化財「義太夫節浄瑠璃」個人指定保持者(人間国宝)に認定、2017年、文化功労者に選出される。また2015年、第70回文化庁芸術祭大賞(音楽部門)など数々の賞を受賞。2018年、南あわじ市名誉市民に選定。義太夫節保存会会長。(一社)義太夫協会理事。

人形浄瑠璃文楽座・人形 吉田和生

1967年、文楽協会人形部研究生となる。同年7月、吉田文雀に入門、吉田和生と名のる。1968年、大阪毎日ホールにおいて初舞台。2017年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。大阪樟蔭女子大学非常勤講師。1981・1987年、因協会奨励賞受賞以降、2014年、芸術選奨文部科学大臣賞など数々の賞を受賞。 

公演日時

  • 日時/2019年5月6日(月曜日・祝日) 開演:13:00(開場:12:30)
  • 場所/秦野市文化会館小ホール
  • 料金/全席指定 3,500円 学生(中学生~25歳以下)1,500円、小学生500円
    注:未就学児の方の入場はご遠慮願います。
  • 発売日/平成31年1月27日(日曜日)午前10時発売(電話予約は午後1時から) 【全席完売しました】
    注:お買い上げいただいた入場券は、公演中止以外での交換・払戻はできません。
  • 主催・お問い合わせ/秦野市文化会館事業協会 0463-81-1211

電話で購入

秦野市文化会館 0463-81-1211

プレイガイドで購入

タイラ書店/秦野名産センター/ファミリーマート秦野市役所前店/みどり書店/本厚木ミロードプレイガイド/山野楽器平塚ラスカ店/ダイナシティウエストチケットぴあ/伊勢原市民文化会館/秦野市文化会館

このページに関する問い合わせ先

所属課室:文化スポーツ部 文化振興課 文化会館担当
電話番号:0463-81-1211
FAX番号:0463-81-9080

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?