コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 子育て・教育 > 教育 > 小・中学校 > 給食 > 中学校完全給食の取り組み >中学校完全給食推進会議の検討結果について

中学校完全給食推進会議の検討結果について

問い合わせ番号:15457-4292-6288 更新日:2019年1月10日

シェア

 保護者の代表や公募市民等で構成し、完全給食の提供方式について検討を進めてきた「中学校完全給食推進会議(関野裕太郎座長)」から、2018年10月3日付けで検討結果の報告を受けました。

 今後は、この検討結果を踏まえた「中学校完全給食基本計画」の策定を進め、事業の着実な推進を図ります。

検討結果の要旨

(1) 中学校完全給食は、全ての中学校に調理場を建設して自校方式で実施することが望ましいが、現況調査の結果ではいずれの中学校も単独調理場の設置が困難であることが明らかとなった。

(2) 安全・安心でおいしい、生徒が喜ぶ学校給食を早期に実現するためには、センター方式(共同調理場方式)とすることが本市にとって最も効果的かつ現実的な方策と考える。

<センター方式の利点>

  • 高い水準の衛生管理やアレルギー対応が可能であること。
  • 財政面で効率的な投資効果が期待できること。

推進会議の検討経過

会議の内容一覧
会議名 実施日 内容
第1回会議 4月24日 堀川小学校で小学校完全給食(自校方式)を視察し、給食を試食
第2回会議 5月24日 南中学校で中学校ミルク給食(持参弁当等)を視察し、業者弁当を試食
第3回会議 6月26日 鎌倉市で中学校完全給食(デリバリー方式)を視察し、給食を試食
第4回会議 7月6日 川崎市で中学校完全給食(センター方式)を視察し、給食を試食
第5回会議 10月4日 西東京市で中学校完全給食(親子方式)を視察し、給食を試食
第6回会議 10月15日 川崎市で中学校完全給食(自校方式)を視察し、給食を試食
第7回会議 10月23日 推進会議の意見の取りまとめ

検討結果の報告(右:関野座長、中央:高橋市長、左:内田教育長)

2018年10月31日 検討結果報告の様子(左:内田教育長、中央:高橋市長、右:関野座長)

検討結果報告書

中学校完全給食の提供方式等について(検討結果報告)(PDF/541KB)

このページに関する問い合わせ先

所属課室:教育部 学校教育課 保健給食担当
電話番号:0463-84-2785

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?