コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル > 環境資源対策課からのお知らせ >スプレー缶の出し方について

カセットボンベ、スプレー缶の出し方について

問い合わせ番号:15452-6797-3856 更新日:2018年12月25日

シェア

カセットボンベ、スプレー缶の正しい出し方について

 カセットボンベ、スプレー缶類は、中身を完全に使い切るか、中身が残っている場合は、穴を開けて出して下さい。中身が残っていると、ごみ収集やごみ処理施設での火災・爆発の危険があるためです。

 また、一度に大量のカセットボンベ、スプレー缶に穴を開けることは、大変危険ですので、風通しのよい火気のない場所で穴を開けるようお願いします。

注:穴を開ける位置については、缶の側面を開けると中身が自分に吹きかかる場合がありますので、缶の底を開けるようお願いします。

  • 中身が残ったスプレー缶を捨てるときは?
    一般社団法人日本エアゾール協会のページをご覧ください。
  • カッセトボンベのガス抜きが自分でできない場合は、引取り業者を紹介しています。
    引取り業者 宇山商事 電話番号 0463-81-0065 住所 秦野市寿町4-18

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境資源対策課 業務管理担当
電話番号:0463-82-4401

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?