コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 防災・安全・安心 > 防災 >平成30年度秦野市総合防災訓練について。

平成30年度秦野市総合防災訓練について

問い合わせ番号:15295-6343-6575 更新日:2018年7月5日

シェア

実施日時

平成30年9月2日(日曜日)午前9時から正午まで

注1:小雨決行
秦野市に大雨警報が発令された場合は、訓練を中止します。注意報の場合は、状況に応じて中止することがあります。

注2:訓練中止の際は、午前7時に防災行政無線、緊急情報メール、ツイッター及びテレビ神奈川のデータ放送でお知らせします。

注3:今年度は、昨年度総合防災訓練と同日に実施した避難所運営訓練は、別日程(来年1月頃予定)で実施する予定です。

実施場所

広域避難場所及び自治会避難場所

主催

秦野市・秦野市自治会連合会

訓練方法等

  1. 防災関係機関との合同訓練地区
    本町地区(メイン会場:本町小学校) 
  2. 訓練方法
    地域実践型発災対応訓練及び会場型訓練 総合防災訓練実施要領(PDF/2MB) を参照してください。

訓練想定

平成30年9月2日( 日) 午前9時00分。北西の風。晴れ。都心南部を震源域とするマグニチュード7 . 3 の都心南部直下地震が発生。

秦野市曽屋( 消防本部) 及び平沢( 中栄信金スタジアム付近) に設置された計測震度計は、いずれも震度6 強を記録。市内全域で大規模な被害が起きており、市街地から山間部に至るまでの広範囲で被害が発生し、崖崩れや木造家屋の倒壊、住宅火災等が数か所で発生している模様。

また、停電や断水などライフラインの被害が発生し、電話回線は輻輳(ふくそう)して使用不能の状況である。

多くの人が救出・救助を求め、各地で救助要請が相次いでいる。しかし、消防署、自衛隊、警察等関係機関は対応に追われている。一刻を争うため、各地の自主防災会は隣近所で力を合わせて重軽傷者の搬送や火災の延焼防止に努めなくてはならない。

※輻輳(ふくそう)とは、ネットワークが混雑して、通信ができなくなる状態のこと。

参考資料

 

 

 

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市長公室 防災課 防災担当
電話番号:0463-82-9621

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?