コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > ごみ・環境 > ごみ・リサイクル > 計画・条例・統計 >秦野市災害廃棄物等処理計画

秦野市災害廃棄物等処理計画

問い合わせ番号:15228-2576-0082 更新日:2018年9月27日

シェア

災害への平時の備えから適正かつ円滑な処理による早期の復旧・復興を目的として、秦野市災害廃棄物等処理計画を平成30年3月に改定しました。

秦野市災害廃棄物等処理計画(PDF/1MB)

災害で発生した家屋等の片付けごみについて

 災害により被害を受け、家具・家電・畳・瓦など、家の片付けで出たごみ(以下「片付けごみ」という。)は、ごみ収集場所や路上に出すことができません。片付けごみを収集場所や路上に出すと収まりきらないごみが路上にあふれ交通渋滞を招き、復旧作業に支障をきたす原因となります。

 また、生活ごみ(生ごみなどの可燃ごみ)と混在してしまい、悪臭や虫が発生するなど衛生上の問題につながります。片付けごみは、市が開設する仮置場に搬入してください。

【ごみ収集場所に出された片付けごみ】
ごみ収集場所に出された片付けごみ

通常の生活ごみはごみ収集場所へ

 被害の状況により異なりますが、原則、生活ごみ(生ごみなどの可燃ごみ)は、通常のどおりごみ収集場所で回収します。

 災害が発生した場合、災害廃棄物や腐敗性の可燃ごみの処理を優先します。また、焼却施設などが被災し使用できなくなる可能性もあるため、災害発生時には、古紙類などの資源物の不要不急のごみ出しは控えてください。

仮置場の開設と搬入方法

 被害の大きさ、被災地域、災害廃棄物の量などの状況に応じて、市内に仮置場を開設します。

 仮置場の開設場所については、避難所での掲示、防災無線、広報車、ホームページなどでお知らせします。片付けごみは、原則、個人又は災害ボランティアにご協力いただき、指定の仮置場まで搬入してください。

【分別されず置かれた仮置場】
分別されていない仮置場

【分別し整理された仮置場】
分別されている仮置場

 秦野市災害廃棄物等処理計画では、次のとおり、仮置場を選定しています。 

一次仮置場
名称 所在地 敷地面積
(平方メートル)
寺山スポーツ広場 秦野市寺山130 4,579
田原ふるさと公園中丸広場 秦野市東田原999 6,668
おおね公園 秦野市鶴巻940 2,300
大根川ポンプ場 秦野市鶴巻391 380
鶴巻排水機場 秦野市鶴巻355-3 600
合計 14,527

注1:(仮称)羽根スポーツ広場(23,000平方メートル)は、平成33年度末まで民間事業者に貸付のため、平成34年度から位置付け予定
注2:おおね公園は、スケーティング場及びゲートボール場の面積
 

二次仮置場
名称 所在地 敷地面積
(平方メートル)
栃窪一般廃棄物最終処分場跡地 秦野市栃窪589外 25,379

  この他に、市内には、秦野市農業協同組合との協定に基づき、災害時の復旧用資材置場及び住宅等の倒壊による瓦れき置場に使用する防災協力農地として、40か所合計面積35,674平方メートル(平成29年6月19日現在)の登録があります。

仮置場への搬入ルール

 仮置場では、係員の指示に従い、場内の指定された場所に分別して置いてください。

 分別ができていないと、火災の原因や処理費用が高くなるなど、復旧・復興の遅れにつながることにもなります。

 また、災害に関係ない便乗ごみを出すこともできません。ルールを守って搬入していただくようご協力をお願いします。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境資源対策課 資源化推進担当
電話番号:0463-82-4401

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?