コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 観光情報 > 里山林 > 秦野産材 >東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会選手村ビレッジプラザに秦野産材を提供します

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会選手村ビレッジプラザに秦野産材を提供します

問い合わせ番号:15178-7824-6576 更新日:2018年2月19日

シェア

 秦野市では森林を適切に管理し、次世代にその貴重な資産を受け継ぐため、積極的に森林整備を実施し、木材の利用拡大にも取り組んでいます。

 このたび、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が実施するプロジェクト「日本の木材活用リレー~みんなで作る選手村ビレッジプラザ~」に協力し、選手村ビレッジプラザの建築資材として、秦野産材を提供することになりました。

提供する木材

秦野産ヒノキ 10立方メートル

北小学校の学校林から東京オリンピック・パラリンピックへ

 秦野市立北小学校では、大正12年当時、校舎の建て替えに使用する木材を確保するため、菜の花台周辺に児童自ら2万7千本ものスギ、ヒノキの苗木を植林し、学校林として下草刈や枝打ちを行い、大切に育てられてきました。

 時代とともに木造校舎でなくなったため、現在では学校林としての役目を終えていますが、毎年間伐体験を実施するなど、児童の森林環境学習の場として活用されています。

 親子3世代で大切に育ててきた樹齢90年を超えるヒノキの有効活用を図るとともに、児童の森林・林業の学習を目的として、東京オリンピック・パラリンピック選手村ビレッジプラザへ提供する木材の一部を学校林から提供します。

親子3世代の写真
親子3世代で育ててきました

見学している様子
学校林の伐採を見学する児童

提供木材の後利用について

 提供した木材は、大会終了後、返却され、大会のレガシーとして市内公共施設等のベンチやテーブルなどに利用する予定です。

感謝状の贈呈

 平成29年11月24日、東京2020組織委員会虎の門オフィスにおいて、本プロジェクトに参加し、木材を提供する自治体に対し、感謝状が贈呈されました。

感謝状の写真
感謝状

贈呈式の写真
贈呈式の様子

東京2020大会公式ウェブサイト

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 森林づくり課 森林づくり担当
電話番号:0463-82-9631

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?