コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 水道・下水道 > 下水道 > 上下水道局における職員の不適切な事務処理について >平成28年度第1号公共下水道大根・鶴巻処理区枝線整備工事(鶴巻2工区)の施行監理等に係る不適切な事務処理について

平成28年度第1号公共下水道大根・鶴巻処理区枝線整備工事(鶴巻2工区)の施行監理等に係る不適切な事務処理について

問い合わせ番号:15173-7137-7449 更新日:2018年2月1日

シェア

平成28年度において、上下水道局職員の不適切な事務処理により、市民の皆様からの市への信頼を失墜させる事案が発生しました。

「平成28年度第1号公共下水道大根・鶴巻処理区枝線整備工事(鶴巻2工区)の施工監理等に係る不適切な事務処理について」については、平成29年4月25日に担当職員等に対する懲戒処分を行いました。その後、このような事案を再発させないため「秦野市コンプライアンス推進委員会」において、事実関係とその原因の調査及び再発防止への取組みについて、協議を重ねた結果、再発防止のための取組み等をとりまとめたので、次のとおり報告いたします。

 なお、職員の非違行為に起因して契約期間内に行えなかった、変更契約を行うべき内容について、契約の相手方と市の双方で確認し、既に支出した工事代金との差額分の清算処理を行いました。

 この事案の発生について、深くお詫び申し上げるとともに、今後、上下水道局の全職員が緊張感をもって、公務を執行し、このような事案が二度と発生させないよう、組織を挙げて努めてまいります。

 

このページに関する問い合わせ先

所属課室:上下水道局 経営総務課 下水道財務担当

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?