コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 防災・安全・安心 > 防災 >黄色いハンカチ等による安否確認について

黄色いハンカチ等による安否確認について

問い合わせ番号:15123-7193-9662 更新日:2017年12月5日

シェア

 地震災害発生時に安否確認をするための手段の一つとして、「黄色いハンカチ」等は、『安否確認』を短時間に容易にするとともに、「救助が必要な人がいるか」を即座に判断できる目印にもなることから、全国的にも取組が進んでいます。

 しかし、ハンカチ等を掲げた後は、自主防災活動に参加しなくてもよいとの誤解もあるようです。災害時には、無事を知らせるためにハンカチ等を掲げた後、地域における災害情報の共有や、状況に応じ、救出・救助等の災害対応を行っていただく必要がありますので、ご留意ください。

 また、地震によっては本震の前後に、比較的大きな地震が発生するケースがあります。そういった場合には、一度黄色いハンカチ等を掲示した後でも、再度の安否確認が必要となる場合があることなど、併せてご留意ください。

 黄色ハンカチ等の取組について、次のとおりチラシを作成しましたので、自治会内、組内等でご活用ください。

関連ファイル

PDFファイルをご覧いただくには、Acrobat Reader DCが必要です。

Acrobat Reader DCをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市長公室 防災課 防災担当
電話番号:0463-82-9621

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?