コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > 組織・施設等の紹介 > 消防署 > 部隊等の紹介 > 特別救助隊 >滑落事故を想定した山岳救助訓練を実施しました。

滑落事故を想定した山岳救助訓練を実施しました。

問い合わせ番号:15114-3734-4854 更新日:2018年3月8日

シェア

 平成29年11月22日(水)に葛葉川本谷(菩提)で、秦野市消防署山岳救助隊と秦野警察署山岳遭難救助隊との山岳救助合同訓練を実施しました。

訓練目的

 丹沢の山々には登山道だけでなく初心者から上級者までをひきつける沢が点在し、多くの登山者がハイキングや沢登りを楽しんでいます。しかし、毎年沢での滑落事故は発生し、救助活動は困難を極めています。沢での怪我人を安全・確実・迅速に救助するため、救助技術の向上や警察との連携強化を図ることを目的に本訓練を実施しました。

訓練内容

 ・沢を上流に向かって遡って行く訓練

 ・沢で滑落した怪我人を救出し、搬送する訓練

訓練写真

訓練開始ミーティング      登はん要領説明
       訓練前合同ミーティング                    活動方法の確認

登はん訓練      想定訓練:降下準備
         沢登り訓練                       想定訓練:谷底へ降下

要救助者と接触      要救助者収容
         怪我人と接触                   怪我人の救出及び担架への収容

登山者のみなさまへ

 登山開始前には「登山計画書」を必ず提出しましょう。万が一の場合に、救助活動をスムーズに進めることができます。
 山岳事故はちょっとした気の緩みから発生します。余裕を持ち小まめに休憩し、水分補給を行いましょう。また、自分の体力や経験に見合った登山計画を十分に練り、登山を楽しみましょう。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:消防署 警備第一課・警備第二課
電話番号:0463-81-0119

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?