コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > こんなときには > ごみ・リサイクル >環境創出行為に伴い帰属されたごみ収集場所用地の取り扱いについて

環境創出行為に伴い帰属されたごみ収集場所用地の取り扱いについて

問い合わせ番号:15112-3199-2806 更新日:2017年11月27日

シェア

 平成12年の秦野市まちづくり条例(以下条例という。)施行前までに集合住宅等の建築を目的とする開発行為においては、ごみの収集場所用地は市に帰属となっています。
 しかし、条例施行後の集合住宅等の土地利用の場合には、用地を市に帰属しなくても、地権者の無償使用の承諾を得て、市が収集を行っています。
 つきましては、条例施行前に市に帰属したごみ収集場所について、新たな土地利用をされる場合に、ごみの収集場所の利用が今後も見込まれないことなど、一定の条件が満たされれば譲渡等が可能となる場合がありますので、御相談ください。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:環境産業部 環境資源対策課 業務管理担当
電話番号:0463-82-4401

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?