コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 防災・安全・安心 > 防災 >平成29年度総合防災訓練について

平成29年度秦野市総合防災訓練について

問い合わせ番号:15099-5274-4102 更新日:2017年11月9日

シェア

平成29年9月3日(日曜日)秦野市総合防災訓練について

 9月3日に実施しました「平成29年度秦野市総合防災訓練」は、合同訓練会場を鶴巻地区を中心として、各地区の自治会の一時避難場所や市内小・中学校などの広域避難場所で、19,075人の市民の方に参加いただき、滞りなく実施しました。

 今回は、従来の訓練のほかに、広域避難場所における避難所運営委員を中心とした「避難所開設訓練」及び「避難所運営訓練」を実施し、実際に避難所の運営における流れ等を体験しました。この避難所運営訓練の中で、合同訓練会場の鶴巻小学校、鶴巻中学校では、平成28年度に締結した「簡易間仕切りシステム等の供給に関する協定」(NPO法人ボランタリー・アーキテクツ・ネットワーク)による避難所用の間仕切りシステムを展示しました。

 従来の訓練においては、自衛隊による人員輸送、秦野警察・消防団・自主防災会による救出訓練などのほか、自衛隊、婦人会、中学生と協働し、カレーの炊き出し訓練を行いました。

 また、神奈川県警が所有する「特殊車両(ウニモグ)」の展示や、アウトドアブランド「(株)モンベル」の防災関連グッズの展示など、災害時に活躍する展示を実施しました。

 今後とも、災害における「自助」「共助」「公助」のうち、市で取り組む「公助」ついても、より充実して取り組んでまいりますので、市民の皆様も、日ごろから災害に対する備えをしていただくとともに、自主防災会等、地域の防災活動への積極的な参加をよろしくお願いいたします。

【神奈川県警所有特殊車両(ウニモグ)】
神奈川県警所有特殊車両(ウニモグ)

【簡易間仕切りシステム】
簡易間仕切りシステム

【(株)モンベルの展示状況】
モンベルの展示状況

【秦野警察、消防団、自主防災会による倒壊家屋からの救出訓練状況】
倒壊家屋からの救出訓練(秦野警察、消防団、自主防災会による訓練)

【消防署による倒壊建物からの救出訓練の開始】
倒壊建物からの救出訓練(消防署訓練開始)

【自衛隊の野外炊具車を使った炊き出し訓練】
自衛隊野外炊具車による炊き出し訓練の状況

黄色いハンカチによる安否確認について

  「黄色いハンカチ」による安否確認は、災害時に『安否確認』を短時間に容易にするとともに、「救助が必要な人がいるか」を即座に判断できる目印にもなることから、全国的にも取組が進んでいます。

 しかし、ハンカチ等を掲げた後は、自主防災活動に参加しなくてもよいとの誤解もあるようです。災害時には、無事を知らせるためにハンカチ等を掲げた後、地域における災害情報の共有や、救出・救助等の災害対応を行っていただく必要がありますので、御留意くださいますようお願いいたします。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:市長公室 防災課 防災担当
電話番号:0463-82-9621

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?