コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 観光情報 > 祭り >第70回秦野たばこ祭

第70回秦野たばこ祭

問い合わせ番号:15001-2501-9407 更新日:2017年8月16日

シェア

本市発展の礎となった「たばこ耕作」に携わった先人たちの情熱を「火」にたとえ、
多くの市民の力によって魅力ある事業を展開します。

パレード   青森ねぶた

  • 開催日 平成29年9月23日(土曜日)・24日(土曜日)
  • 会場 秦野市役所・本町小学校・本町四ツ角周辺
  • 行事予定(PDF/185KB)

第70回記念行事が盛りだくさん!

◆2,000発!打上花火

打上花火
写真は前回の様子

「火と水」をコンセプトに、約2,000発の打上花火が秦野の夜空を幻想的に演出します。

◆ミス日本「水の天使」「みどりの女神」来場!

水の天使  みどりの女神

ミス富士山グランプリ  ミスソフィアジュニア

スーパーオープニングパレードにミス日本「水の天使」「みどりの女神」を始め、ミスソフィアジュニア、ミス富士山グランプリ、本市を舞台に制作した映画「じんじん~其の二~」の出演者など華やかなメンバーがパレードを彩ります。

◆ハイスクール☆チアリーディング

今年3月に幕張メッセで開催されチアリーディング&ダンス全国選手権大会で部門優勝を果たした秦野高校チアリーティング部VIGORSのハイレベルな演技で会場を盛り上げます。

◆スプラッシュタイム~感じる秦野名水~

秦野のおいしい水

水とダンスの競演を楽しむミニショーやトークショーなどを開催。「名水百選」選抜総選挙の「おいしさがすばらしい名水部門」で全国1位となった「おいしい秦野の水」をPRします。

◆「じんじん~其の二~」上映&トークショー

じんじんキャスト

秦野を舞台にした映画「じんじん~其の二~」(今秋公開予定)のダイジェスト版・メイキング映像を大型スクリーンを使用して上映します(市役所西庁舎駐車場を予定)。上映後には、出演者などのトークショーを予定。

Instagramに公式アカウントを立ち上げました

スマートフォン用写真共有アプリ「Instagram(インスタグラム)」に、秦野たばこ祭公式アカウント(hadanotobaccofest) を立ち上げました。
※公式アカウントはこちら

 

秦野たばこ祭Instagram公式アカウント運用ポリシー

お祭り情報や本市の魅力を発信することを目的に、Instagramの公式アカウントを運用します。Instagramでの情報発信にあたり、利用者に誤解や混乱が生じないよう、運用ポリシーを定めます。
※運用ポリシーはこちら(PDF/156KB)をご覧ください。

花火募金受付中!

花火募金箱

第70回を記念した、約2,000発の打上花火への募金のご協力をお願いいたします。
募金箱は市内の公共施設やスーパー、コンビニなどに設置しています。

募金は銀行振り込みでも受け付けています。
【振込先】中栄信用金庫本店 普通0577349 秦野たばこ祭実行委員会(花火募金)
【募金箱設置場所】市内公共施設、秦野郵便局、JAはだの本・支所、市内金融機関、コンビニ、スーパーなど

オリジナルLINEスタンプ販売中!

ラインスタンプ宣伝

第70回秦野たばこ祭を記念して、無料通話・メールスマートフォンアプリ「LINE(ライン)」のオリジナルスタンプ(120円・40個)を作成しました。LINEのスタンプショップからお求めいただけます。

スタンプ例

 スタンプイメージ「行ってきま~す」スタンプイメージ「がんばるぞ~」

スタンプイメージ「ちょっと待ってて」 スタンプイメージ「今どこ?」

煙草耕作の歴史と秦野たばこ祭

煙草耕作の始まり

秦野は古くから煙草の名産地であり、煙草耕作で栄え、発展してきた歴史があります。
秦野における煙草耕作の起源は江戸時代初期までさかのぼるといわれ、江戸後期には秦野葉の名前で広く知られるようになり、後に水府葉、国分葉とともに「三大銘葉」の一つに挙げられるようになりました。幕末から明治にかけて喫煙週間の拡大や技術改良により、煙草耕作は大きく発展し、大正から昭和にかけて全盛期を迎えました。

煙草耕作の終焉

煙草耕作は水稲作などの何倍も労力がかかり、農繁期には家族総出で作業をしなければならず、高度経済成長以降、第一次産業に従事する人口が減少してくると生産が低調になっていきました。秦野葉は、刻み葉(キセル用)であったため、嗜好の変化から消費量も減少し、昭和49年を最後に秦野から姿を消しました。その後は、紙巻き煙草用の葉も生産されたものの、昭和59年に秦野で唯一の煙草栽培を行っていた農家が栽培の継続を断念し、秦野の煙草耕作に終止符が打たれました。

 秦野たばこ祭の始まり

秦野たばこ祭は、重労働の絶えなかった煙草耕作者を慰労する祭りとして昭和23年に始まりました。昭和59年に煙草耕作が300余年の歴史の幕を閉じた後も、祭りは行われ、郷土の歴史と文化、先人たちの情熱が現代に受け継がれています。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:秦野たばこ祭実行委員会(秦野市観光課内)
電話番号:0463-82-9648
FAX番号:0463-82-6256

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?