コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > トピックス >県内初!女性職員編成チームで消防救助技術指導会に出場しました!

県内初!女性職員編成チームで消防救助技術指導会に出場しました!

問い合わせ番号:14981-9942-1882 更新日:2017年6月26日

シェア

秦野市消防本部では、女性活躍推進の一環として、訓練参加の希望がある女性職員については、積極的に消防救助技術指導会に向けた救助訓練に参加できる環境を整えています。

そのような中、平成29年6月14日(水曜日)に神奈川県消防学校で行われた第42回神奈川県消防救助技術指導会に、当市の代表として女性職員のみの編成チームで「ほふく救出」という競技に出場し、参加42チーム中15位という好成績を収めました。

団体競技に女性のみの編成チームで出場するのは全国的にも珍しく、神奈川県内では初めてであったことから、当日は地元テレビ局から取材を受けるとともに、彼女達が競技を行う際には会場からは多くの声援が送られました。

当市消防本部では、これからも引続き女性活躍推進に積極的に取組んでいきます!

【女性職員編成チームの関連記事は「秦野市消防女性チーム、初の県大会」をご覧ください】

指導会の模様

指導会の様子

競技の様子

競技中の写真

出場した選手

出場選手の写真

左から河合葉月消防士、木村まり消防士長、土方ありさ消防士

ほふく救出とは

ほふく救出は、3人(要救助を含む)1組で、2人が所定の位置からスタートし、空気呼吸器を着装して確保ロープ及び小綱を両足首に結着した後、煙道を検索して、要救助者を屋外に救出し、2人が協力して要救助者を搬送するまでの安全性と所要時間を評価する競技です。

このページに関する問い合わせ先

所属課室:消防本部 消防総務課 庶務担当
電話番号:0463-81-5451

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?