コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 消防本部・消防署 > 救助隊 >特別救助隊の車両

救助隊の車両

問い合わせ番号:14900-0677-1405 更新日:2017年4月7日

シェア

救助工作車

 

 平成29年2月に特別救助隊車両として更新配備されました。これまでの車両より車内空間が広く確保されているため、出動中に隊員の装備や資器材の準備などが行えることから、災害現場到着後に迅速に活動することができます。また、大規模地震等発生時には、緊急消防援助隊として被災地に派遣する車両になっています。

 車両特徴>

 省電力化を図るため全ての照明をLED化するとともに、車両のエンジン動力を活用したクレーンやウインチ、大型の照明器具を備えています。震災時等における悪路での走破性の向上を目的に4輪駆動方式を採用し、救助隊員が最大6名まで乗員することができます。

 

全長8.26メートル・幅2.38メートル・高さ3.3メートル

30メートル級はしご車

30メートル級はしご車

 最大地上高31メートルまで伸長可能で、起伏角度は75度から-12度まで起伏することができます。背面にリフター装置と梯子先端にバスケットが取り付けられていており、人命救助活動はもとより、放水銃により中高層建物火災等の消火活動も可能です。

全長10.2メートル・幅2.49メートル・高さ3.59メートル

このページに関する問い合わせ先

所属課室:消防署 警備第一・二課
電話番号:0463-81-3099

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?