コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 行政運営 > コンプライアンスの取組み > コンプライアンスの推進 >コンプライアンスの推進について

コンプライアンスの推進について

問い合わせ番号:14872-1912-8928 更新日:2017年8月1日

シェア

すべての職員が法令等を遵守し、事務を適切に執行し、誠実かつ公平に職務を行い、また、組織の秩序を維持するため、組織としてコンプライアンスを推進する取組みを行っています。

平成28年12月に秦野市コンプライアンス推進規則を制定し、庁内組織として秦野市コンプライアンス推進委員会を設置しました。

この委員会では、事案の再発防止のほか、コンプライアンス推進のための基本方針の策定に取り組み、平成30年2月に「秦野市コンプライアンス推進基本方針」を定めました。

秦野市コンプライアンス推進基本方針

本市のコンプライアンスを推進するため、その大きな方針である「秦野市コンプライアンス推進基本方針」を平成30年2月に策定しました。概要は以下のとおりです。

コンプライアンスの定義 

法令遵守はもちろん、社会通念上の常識や倫理に照らして正しい行動を取ること。また、組織のルールを遵守すること。

秦野市コンプライアンス推進基本方針

  1. 全ての職員が高い倫理意識と全体の奉仕者としての自覚を持ち、法令、規程等の遵守を徹底します。
  2. 適正かつ公正な職務を遂行するとともに、リスク管理体制の整備とそのモニタリング(評価・報告・公表)に取り組みます。
  3. 事務処理ミスや不祥事の発生を防ぐ、風通しのよい開かれた職場環境をつくります。
  4. 業務プロセスを可視化し、行財政運営の透明性を確保します。

秦野市コンプライアンス推進基本方針(PDF/580KB)

コンプライアンスの推進体制

秦野市コンプライアンス推進体制

秦野市コンプライアンス推進体制(PNG/365KB)

リスクマネジメント体制の構築

リスクマネジメント体制の構築に向けて、リスクの洗い出し、対応策の検討・実施・検証、検証結果の反映といったPDCAサイクルを機能させることにより、その基盤づくりを進めています。
こうした取組みにより、各部課等の自律的マネジメント機能を向上させるとともに、必要に応じて全庁的な対策の実施やフィードバックを行うことで、全ての職員が具体的なリスクについて情報共有し、リスク発生の低減につなげることを目的とします。

リスク管理体制及びモニタリング体制

リスク管理体制(PDCAサイクル)及びモニタリング体制(PNG/570KB)

インシデント・アクシデント事例一覧

各部課等におけるリスクについて、アクシデント及びインシデント(ヒヤリ・ハット)に分けて洗い出し、整理するとともに、その評価・分析・対応策等についてまとめました。

平成28年度インシデント・アクシデント事例一覧(PDF/961KB)

関連資料

秦野市コンプライアンス推進規則(PDF/103KB)

このページに関する問い合わせ先

所属課室:政策部 行政経営課 行政経営担当
電話番号:0463-82-5102


所属課室:市長公室 人事課 人材育成担当
電話番号:0463-82-5120

このページに関するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?